スポーツ

【Jリーグ3チームで監督解任】都並敏史がしくじりの中で学んだ「指導者の本当の仕事」

 元日本代表で現在はJFLのブリオベッカ浦安で指揮を執る都並敏史氏が、監督として大切なことを明かし、「ためになる」「経験者の言葉は重い」と話題だ。

 都並氏はヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)でリーグ優勝を経験し、日本代表の不動の左サイドバックとして活躍するなど、選手としては栄光の日々を送った。しかし指導者としては失敗続き。ベガルタ仙台、セレッソ大阪、横浜FCで監督を務めたが、すべて1年以内で解任。監督としての評価は決して高くない。自身で「僕は『名選手、名監督にあらず』だった」と認めている。

 しかし、なぜ自分がうまくいかなかったのか、しっかり分析はできているという。元日本代表・鈴木啓太のYouTubeチャンネルでこう話した。

「監督が選手をうまく動かしたら、実際にうまく動くと思っていた。フォーメーションや采配、練習メニューに注力して勉強していたが、選手を人間としてうまく扱うことに努力しないといけなかった」

 都並氏は監督の「本当の仕事」を間違えていたのだという。戦術などではなく、人をどう使うのかが大事だと訴えた。それに気づいたこんなエピソードを明かした。

「Jリーグでプレーするような選手は『心技体』が優れている選手だと思っていたが、そうではない選手もいる。特にメンタル。起用を巡ってナイーブになっている選手もいる。例えば35歳で引退間近、奥さんが働いてなくて小学生の子供がいる。すると僕が言ったことに対して『そのとおりです』みたいになって、できることができなくなる。『なんでこうなるの?』ってずっと思っていた。ベテラン監督はそういう選手の扱いがうまく、メンタルをほぐしながらいい状態に持っていける」

 監督の本当に仕事がわかってから再び監督をやりたいと思ったという都並氏は、2018年に関東1部リーグに所属するブリオベッカ浦安の監督に就任。先の失敗から学んだことを活かし、昨年、チームをJFL昇格に導いた。目標はJリーグ入り。それを成し遂げて「名選手は名監督」になる日もそれほど遠くないだろう。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】