芸能

追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(1)千葉真一が明かす義理堅さ

20141204e

 昭和31年に銀幕デビューした高倉健は、以来、孤高の俳優として生涯を過ごした。晩節を汚すことなく、一貫したイメージを崩すことなく、盟友たちから深く愛され続けた。

「健さんはわたくしの俳優人生を支えてくれた俳優であり、人生においても俳優としても唯一、尊敬し続けた方でした」

 儀礼的な追悼ではなく、俳優・千葉真一は心から悲しみをあらわにする。もし、高倉がいなければ、自分の役者生命も終わっていたかもしれない、とまで千葉は言う。

「60年代の半ば、当時の東映は労働争議が激しく、夕方の5時になると暗黙の了解で撮影をやめなきゃいけない。でも、役者の呼吸としては、そこで終われないこともあるんです」

 千葉は撮影続行を進言し、そのことで労働組合委員長とつかみ合いになった。まだ新人の千葉は、組合にたてついたことでクビを覚悟した。

「そしたら健さんが僕を連れて、組合や社長に頭を下げてくれたんですよ。それで引退することもなくなった。健さんには『会社があって、社長がいて、俺たちは給料をもらう立場だということを忘れるな』と教えられました」

 そんな健さんと同学年で、同じ福岡の出身なのが東映京都撮影所長、東映社長を歴任した高岩淡氏だ。

「義理と人情、誠実──本当にそんな人だったよ」

 高岩氏はその性格を「若手や裏方にも分け隔てなく接するが、裏切りには怒る」と分析。

「高校の後輩だという生徒が健さんに憧れて『親を捨ててもあなたの下で働きたい』と訴えたことがあった。これには『親父、お袋はいちばん大事な人。そういうことは絶対に言うな』と叱責していました」

 高倉は東映を離れた直後に実父を亡くしているが、葬儀には駆けつけられなかった。この時、高倉を思い、高岩氏が京都から急行に乗って福岡での葬儀に参列した。しばらくして高岩氏の母親が亡くなると、高倉が真夜中の通夜に訪れ、ひっそりと帰っていった。

「健さんが19年ぶりに東映で主演した『鉄道員(ぽっぽや)』(99年)は20億円を超える興行収入。映画界の総意として、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を取ってほしかった」(高岩氏)

 ところが、すでに3度の受賞歴がある高倉は「若い人に譲りたい」と辞退の意向を漏らす。当時、日本アカデミー賞協会会長を務めていた高岩氏は、日本映画界の発展のためにと懇願した。

「映画界のお役に立てるならばと、当時、私が住んでいたマンションの前までやって来て、家には上がらずに携帯電話から『喜んでお受けします』と伝えてくれたんですよ」(高岩氏)

 合計4度の主演男優賞は、今後も破られない記録であろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる