芸能

追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(3)石倉三郎は役者としての気概を教えられた

20141204g

 それは新宿・歌舞伎町だった。高倉らが「幸福の黄色いハンカチ」のロケをしていると、場所柄、スタッフがチンピラにからまれている。さらに高倉にもチンピラは容赦なくからむ。と、その瞬間──、

「たこがヌーッと出てきてフッと動いたら、チンピラ全員が地面に倒れていた。元日本フライ級王者で、この映画でも健さんとのケンカシーンでキレのある動きを見せているが、やはりジャンパーの恩義を忘れていなかったんでしょう」(映画記者)

 この場面は共演の武田鉄矢も目撃しており、感動したと語っている。

 高倉は「ブラック・レイン」(89年)で共演した松田優作など、気に入った相手には時計をプレゼントすることで有名だ。俳優・石倉三郎は、その栄誉に2回も浴している。

「結婚した時にスイスのコンスタンチンをいただいて、名前が売れてから初めて共演した『忠臣蔵 四十七人の刺客』(94年)では、ロレックスをいただきました」

 さらにネーム入りのペンダントもプレゼントされた。そこには、役者としてのこんな教えが彫ってあった。

〈芸に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐え、競わず、争わず、もって大事をなすべし〉

 もともと石倉は芸能界に入る前、行きつけの喫茶店が同じだったという理由で高倉と親しくなっている。役者志望ではあったが道筋が見つからない石倉に、東映の大部屋俳優を紹介したのが高倉である。

「その喫茶店のママも、健さんが亡くなったって大泣きしてたね。俺なんかが素人同然の時でも、健さんはいつでも身に余る言葉をかけてくれた」

 石倉が東映の大部屋をやめたいと告げると、健さんは了解しつつ、役者としては「首まで泥沼につかる覚悟で続けろ」と檄を飛ばしている。

 やがて、大スターの高倉健も東映と決別する日がやって来た。映画館のドアが閉まりきらないほどの熱狂を生んだ「任侠映画」のブームが終わると、冷遇されるようになった。

「もう鶴田浩二や高倉健の時代やない。東映は実録や。もう任侠映画は作らんで」

 岡田茂社長(当時)の言葉に、高倉は退社を決意。ほぼ同時期に監督の専属契約を解除された佐藤純彌氏は高倉の心境を思いやる。

「もともと東映は京都が強くて、東京は『お前らを食わせてやっている』と見下されていた。そこに健さんが出てきたことは、東京の撮影所の大きな励みになった」

 佐藤氏は高倉が東映の最後期に組んだ「新幹線大爆破」(75年)や、互いがフリーになっての第1作である「君よ憤怒の河を渉れ」(76年)、そして角川映画の大作である「野性の証明」(78年)が忘れがたい。

「どの映画でも、撮影の途中で20人ほどのスタッフを集めた食事会を開催する。あの気遣いは健さん特有のものだし、監督にダメ出しすることも一切なかった」

 東日本大震災後の健さんは、山下達郎の「希望という名の光」を愛聴した。そこには、こんなフレーズがある。

〈たった一度だけの人生を、何度でも起き上がって〉

 生涯を終えても、健さんのメッセージは男たちに常に響くはずだ──合掌

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由