芸能

電撃婚で話題も「代表作がない」西島秀俊の俳優危機

20141128nishijima-2

 俳優の西島秀俊(43)主演、TBS×WOWOW共同制作で話題となったドラマ「MOZU」が、来年劇場版として公開されることがシリーズ最終回で発表された。

 同ドラマは、逢坂剛のハードボイルド小説「百舌」シリーズを連続ドラマ化。爆弾テロで妻を亡くした警視庁公安部エースを西島が演じたほか、香川照之ら実力派が熱演。また、映画「海猿」シリーズを手がけた羽住英一郎監督による映像も評判となった。

「しかし、視聴率的にはパッとせず。今年4月にTBS系で放送された『Season1』は初回13.3%を記録したものの、裏番組の小栗旬主演ドラマ『BODER』に抜かれて最後は1ケタ台で終了。10月スタートの『Season2』も初回視聴率は8.4%と1ケタスタート。裏番組の米倉涼子主演『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が初回から20%超の高視聴率だったこともあり、まったく振るわなかった。ただし、ギャラクシー賞テレビ部門月間賞や、東京ドラマアウォード作品賞などを受賞するなど、業界内での作品の評判は高かった。そこでドラマがコケても、映画ならヒットするかもと、映画化にゴーサインが出た。ドラマと映画の客は違うという考え方です。代表作と呼べるヒットタイトルに恵まれない西島にとっては勝負どころです」(芸能ライター)

 だが、ここにきてヒットが期待できない理由がもう一つ浮上した。それは主演俳優・西島の電撃結婚だ。先頃、16歳年下の一般人との結婚を発表、そのため女性ファンが一気にクールダウンしてしまったのだ。

「現在の西島人気を支えてきたのは女性ファン。きっかけは昨年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で見せた筋肉美でした。ストイックな役者人生と40歳を過ぎても劣化しない若々しさが女性ファンをトリコにした。そんな女性層を狙って一流企業もこぞって西島をCMに起用した。

「CM出演を機にサイトをリニューアルしたグンゼはアクセス数が一気に100倍アップ、女性からの問い合わせ電話が鳴りやまなかった。住宅など高額商品のCMでも主婦の食いつきは抜群だった。スターとの疑似恋愛を妄想する女性ファンにとっては、結婚はありえないこと。唯一無二の貴重な観客を失ったも同然で、映画のヒットも難しいのではと関係者は早くも肩を落としています」(ネットライター)

 とは言え「MOZU」は録画鑑賞派の男性ファンが多いとの声もある。今回こそは懇親のヒットで、劇場版が西島の代表作となることを願いたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!