芸能

ドラマのキャラ設定を勝手に変更! 深田恭子が“困ったっちゃん”になっている

20141201fukada

 深田恭子が“困ったちゃん女優”に変貌してしまったと言う。10月に放映されるドラマ「女はそれを許さない」(TBS)のヒロインに抜擢された深田だが、役柄のキャラクターに難色を示した挙句、局上層部にチェンジを直訴したと言うのだ。

「ドラマで深田は弁護士役を演じるのですが、当初は過去のあるトラウマから一人で法廷に立てないというちょっとおっちょこちょいなキャラが設定されていました。ところが、深田はよほどこのキャラが気に入らなかったようで、ドラマ幹部におねだりして仕事がバリバリできてなおかつセクシーな弁護士というキャラに変えてしまったんです」(事情通)

 深田がキャラクターの変更にこだわった理由をドラマ関係者が明かす。

「最近、深田はセクシー路線にイメチェン中なんです。だからおっちょこちょいという設定は、絶対に受け入れられなかったようです」(関係者)

 これに激怒したのが、メインの演出を担当する予定だった映画監督の熊澤尚人氏。

「ドラマ演出を降りてしまったんです。表向きは仕事のスケジュール調整を理由にしていますが、実際は深田のキャラ変更に納得していないからです。脚本をイチから書き直したり、美術セットや衣装など全てを変更しなければなりませんからね。ちなみに熊澤監督は映画『ニライカナイからの手紙』『君に届け』、さらに最新作『近キョリ恋愛』の監督としても知られた映画界のホープ。テレビ関係者は、深田よりも熊澤監督をキャスティングしたことに驚いていたんです」(前出・事情通)

 要となる監督が降板したことで、現場は大混乱に陥り、オンエア直前になってようやく2話目が完成したというドタバタぶりだったという。原因を作った深田といえば、

「収録現場では下着が見えそうな超マイクロミニスカをはいてスタジオ内を闊歩している。喜んでいるのは何の事情も把握していない若いADだけです」(関係者)

“困ったちゃん女優”の烙印を押されてしまった深田。女優生命の危機に瀕していることをどの程度理解しているのか…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」