芸能

テリー伊藤対談「桐谷広人」(1)1日に2千万円の損失を体験した

20141211k

●ゲスト:桐谷広人(きりたに・ひろと) 1949年生まれ、広島県出身。投資家、棋士(七段)。08年のリーマン・ショックと信用取引で資産3億円を6分の1にまで減らして以降、生活のほとんどを企業の株主優待で賄い、暮らしている。12年よりその独特なライフスタイルがテレビ番組で特集される機会が増え、ブレイクに至る。桐谷さんの「ガチャガチャ」やアプリ、Tシャツが発売されるなど、お茶の間の投資家として絶大な人気があり、「桐谷さんの株主優待生活」(角川書店)など、その生活ぶりの密着本も大人気である。

 生活のほぼ全てを株主優待券で賄い、現金を使わずに生きる桐谷広人氏。その独特の人となりがテレビで知られるやいなや大人気となり、今お茶の間で最も熱い視線を送られる65歳だ。株主優待の基礎知識から、氏の「恋愛裏事情」まで、天才テリーも「先読み」できない話が飛び出した!

テリー 桐谷さんは、もともとはプロの将棋棋士なんですよね。

桐谷 はい。57歳で引退して、株を始めたのは35歳くらいからですね。プロ棋士の時は将棋が本職ですから、株は趣味だったんですけどね。

テリー それが一時期、3億もの資産を築いたわけでしょう。

桐谷 ピーク時でそれぐらいありました。

テリー 現金で持っていたんですか?

桐谷 いえいえ、株券の時価総額が、3億円分ぐらいあったわけですね。

テリー なるほど。じゃあその株を全部売れば、そのくらいのお金になったということか。それがリーマン・ショックで大損したと。

桐谷 一気に6分の1になりましたね。1日に2000万円ぐらい時価総額が減ったりしました

テリー 3億が5000万円に。そんな時って、眠れないでしょう。

桐谷 眠れなかったですね。夜中もニューヨークのダウがどうなっているか気になって、パソコンを数秒ごとにクリックしたり。

テリー 棋士も引退したあとで、収入もなかったわけですよね。

桐谷 無収入のところに信用取引でもものすごい損をしたんです。それで1日に、追加保証金を二百何十万とか百何十万、毎日払っていかなきゃいけない。どんどん株を売って払っていって、現金が全然なくなって。

テリー うわぁ。

桐谷 家も賃貸でしたから、家賃も払えない。田舎に引っ込もうかなと思ったんですけど、田舎に一度引っ込むと、もう二度と東京に出てこれないと思ったし。

テリー 家賃が出せないのは、気持ち的にもキツいよね。

桐谷 そういう生活の中で、株主優待のある株は残しておいたので、お米や居酒屋の金券やクオカードとか、いろんなものが家に届くわけですね。しかたなしにそれで一生懸命に生活していたら、たまたまテレビに取り上げられて、おもしろがられまして。

テリー 今や桐谷さんの生活に密着したムック本も出るくらい大人気じゃないですか。そのカバンも株主優待ですか。

桐谷 もちろん株主優待。今日私が身につけてるものは、全部株主優待で手に入れたものです。

テリー 株は全部でどれくらい持ってるんですか。

桐谷 六百数十社分ですね。お財布に優待券を入れて持ち歩いています(と、財布を取り出す)。

テリー わー、ちょっと見せてください。

桐谷 期限が来る順番にしまっているんです。例えばこれは「ポプラ」というコンビニの優待券。期限が来ると、ただの紙切れになるわけですね。だからとにかく期限内に使う必要がありまして。

テリー ああ、いつまでも使えるわけじゃないんだ。

桐谷 ええ。期限が近いものは、早く使い切らなくちゃいけません(と、優待券を次々とテーブルに並べだす)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂上忍、「バイキング終了」とともに「“芸能界引退”を決意」している!?
2
重本ことりの「肉体の友」だった? AAA浦田直也、逮捕で“あの疑惑”の対象に!
3
土田晃之、ドヤ顔「日本サッカーを作ったのはセルジオ越後」に大ブーイング
4
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(1)妊活中の2人の様子
5
寝坊した日も愛し合ってた!? TBS古谷有美の熱愛報道にファンが「勝手な憶測」