スポーツ

キャプテン渡辺×田中道子×水戸正晴 大混戦「2023有馬記念」大穴トークバトル(1)ジャスティンパレスは明らかに馬が変わった

 中央競馬の総決算「第68回有馬記念」が12月24日に行われる。イクイノックスの引退により、上位拮抗の混戦模様となったが、果たして上位人気馬同士で決着するのか。週刊アサヒ芸能連載でもおなじみの水戸正晴氏、競馬芸人のキャプテン渡辺氏、バチコン姉さんこと、女優の田中道子氏の3人が穴馬をあぶり出した。

水戸 今年は、どの馬が1番人気に支持されるのかさえわからない、高いレベルの馬がそろった。

田中 ホントそうですよね。私はこの対談に向けて夜な夜な調べて来たんですけど、どの馬を本命にしようか、まだ迷っています。

渡辺 1番人気の候補はスターズオンアース、ジャスティンパレス、タスティエーラあたりでしょうか。

水戸 そうだろうな。それにソールオリエンスやスルーセブンシーズ、ここがラストランとなるタイトルホルダーもいる。

田中 シャフリヤールも参戦を表明したことで、3世代のダービー馬が対決することに。過去、そんな有馬記念はあったんですか?

水戸 う~ん、少なくとも私の記憶ではないな。

渡辺 まあ、勝つのは上位人気馬5頭ぐらいの中から出るとは思うんですけど、人気的にどの馬が舐められて、どの馬が押し出されるのか。馬券は回収率が大事ですから、最終的にはオッズを見ながら買い目を絞ろうと思います。

田中 あまり手広くいきすぎると、トリガミもありそうですからね。トリガミは「末代までの恥」ですから。

水戸 末代までって、結構な勝負師なんだな(笑)。

田中 はい、有馬ですし、大穴をバチコーンって狙っていきたいですね。ところでキャプテンさんは、昨年はどうだったんですか?

渡辺 ジャスティンパレス(7着)で大失敗。でも今年は阪神大賞典で勝ったあたりから、あれ、この馬強くなったなって。明らかに馬が変わりましたよね。

水戸 やっぱり力があるんだろうな。半兄のアイアンバローズは先日のステイヤーズSを逃げ切ったし、同じく半兄のパレスマリスも米GⅠベルモントSを勝っているように、血統がよくてスタミナもある。底力がしっかりしてるんだよ。

田中 この馬の取捨がいちばん悩みますね。正直、本命にしてもいいぐらいなんですけど、中山は〈0 1 0 2〉。そこが引っ掛かるんです。やっぱり、中山実績は重視すべきですか?

水戸 これだけ力がある馬がそろうと、東京よりも中山、左回りよりも右回りに実績のある馬は、軽く見ない方がいいだろうね。

田中 う~ん、だとすると、もっと他に魅力的な馬がいますもんね。

渡辺 一昨年のホープフルSで2着したから中山向きだと思って本命にしたんですけど、今年も買いたいかって言われると。5、6番人気とか、あまりにも舐められるようなら考えます。

キャプテン渡辺:ピン芸人。競馬歴は28年目。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演中。著書「神の馬券術~年間収支をプラスに変える43の奥義~」(KADOKAWA)が好評発売中。

田中道子:女優。競馬歴は8年目。初めて購入した天皇賞・春で3連単23万6300円馬券を的中させ「3度の飯より競馬」という沼にハマる。大穴党の豪快な馬券術で〝バチコン姉さん〟の異名を持つ。

水戸正晴:サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は49年目。5月14日東京12Rで馬単10万円馬券を的中させるなど、数々の超大穴をヒットさせている。週刊アサヒ芸能「『絶対万券』論」を執筆中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?