スポーツ

古川奈穂も「年女」馬券に絡めたい2024年「辰年ジョッキー」

 新年の競馬といえば、年男、年女の騎手が気になる。そこで「辰年生まれ」のジョッキーを見ていくことしよう。

 JAR所属の辰年ジョッキーは岩田望来、浜中俊、幸英明など12名。そのうち女性騎手は古川奈穂一人だけで、年齢別では、20代5人、30代4人、40代3人。

 まずは2人の1000勝ジョッキーから。浜中は昨年の勝利数こそ物足りなかったが、重賞5勝と大レースに強いところを見せた。今年は50勝以上の勝ち星を期待したい。ベテランの幸英明は昨年も50勝以上を挙げ、23年連続となり存在をアピールして見せた。

 若手に目を移すと、岩田望来が一昨年、昨年と2年続けて100勝以上の成績を収めている。

「辰年騎手の最注目はやはり、岩田望来でしょう。なかなか重賞を勝てずに苦しんでいた時期もありましたが、昨年などは幅の広い騎乗ぶりで重賞勝ちも5つ。騎乗馬に恵まれているので、GⅠ勝利も近いでしょう。何もなければ、あと5年以内に通算1000勝するのも確実。今後、JRAを代表する騎手になると見ています」(競馬関係者)

 昨年50勝以上で若手のホープといえば、団野大成もその一人。GⅠ・高松宮記念での勝ちは12番人気、ほか重賞での勝利も8番人気、7番人気、5番人気によるもので、すべて高配当。穴党にとっては常に目の離せない騎手となった。通算勝利数は同期の岩田望来の約半分だが、これはエージェント力の差によるもので腕のほうは劣ってはいない。

 美浦所属の原優介の頑張りも目立つ。12月3日のチャンピオンカップ(GⅠ)で12番人気のウィルソンテソーロを2着に持ってきて、3連単190万円馬券を演出してみせたのは記憶に新しい。24年は40勝以上して通算勝利数100勝を達成すると見ている。

 そして古川奈穂にももちろん注目だ。12月9日・中京8Rで落馬負傷。左鎖骨骨折で休養を余儀なくされたが、手術は無事終了し現在はリハビリ中だ。昨年は25勝と自己最高成績を収めただけに、復帰が楽しみ。ターフに戻ってきたら気っ風のいい逃げが必ず見られるだろう。特にローカル開催では要注意。

 彼らの活躍に期待して、馬券に活かしたい。

(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」