社会

デジタル時代こそ“コミュ力”UPでライバルたちに差をつけろ!

20141212yuhbin

 まさに現代版打ち出の小槌と言えるのが、スマートフォンだろう。スマホ1台あれば、通信・通話はもちろんのこと、写真撮影、通信ゲーム、音楽配信、通販ショッピング、さらには多種多様のアプリを駆使すれば無限なサービスをそれこそ片手1つで手に入れることができるのだ。

 もはや、古びたアナログ製品は希少価値こそあれ、過去の遺物となるのは時間の問題。つくづく文明の利器の恩恵を十分に受けたコンビニエントな世の中になったことを実感せざるを得ない。

 そんな折に、12月10日に発売された「MEN’S NON-NO」には珍しい記事が掲載されていた。メンノンの人気モデルが集英社とビームスという2つの人気企業を訪れ、若手社員の「コミュニケーション力」についてレポートしているのだ。

 記事では、ビームスのプレス担当者は、ショップスタッフ時代に「この前のジャケットはどうですか?」など顧客に合わせたメッセージを添えて信頼関係を築いていたと語っている。

 一方の集英社「少年ジャンプ」の編集者は「とにかく相手の話をよく聞いて、最初の読者として正直な感想を伝えること」を心がけ、コミュニケーションを図っていたことを明かしている。

 そしておもしろいことに、いずれもオンジョブでのコミュニケーションに気を使う2人がオフジョブにおいても“コミュ力あり”と選択しているのが「年賀状」なのだ。

 それぞれが、「仕事でのエピソードなどひとりひとりに心込めてひと言メッセージを添えたい」(プレス担当者)、「あのときはすいませんでした、など普段言えないことも書ける」(編集者)と手書きのメッセージ付きの年賀状を送っていることを明かしているのだ。

 この詳細は雑誌の他、News standアプリにて期間限定の電子版が無料公開されているが、いずれにしても若者から熱い支持を受ける企業の若手社員が意外にもアナログなツールを選択していることに驚かされる。

 しかし、考えてみれば、時代はどんなに変わって生活がデジタル化されても、「元旦の初詣の後は自宅でゆっくりコタツでミカンを食べながら年賀状を眺めて1年を振り返る」という日本の伝統は、今後も大きく変ることはないのではないだろうか。

 その際、真心のこもった手製の年賀状こそが最も有効なツールとなりうるのだ。また、年賀状のメリットは、メールのレスが遅れたり、ついつい返信し忘れるような筆不精な人にも有効な点だ。心機一転、新しい1年の計を迎える元旦に相手の手元に届く年賀状なら、普段はとんと音沙汰なしでも一発逆転巻き返しが図れる可能性が大きいのだ。

 なによりも「Facebook」の「いいね!」や「LINE」のスタンプ1つだけで以心伝心が可能なデジタル時代だからこそ、たった一言でもぬくもりのあるメッセージが入った年賀状が、よりいっそうコミュ力の高いツールとなり得るのだ。

 今年こそこんな小技を重ねてライバルたちにグ~ンと差をつけろ!

参考:MEN’S NON-NO

https://itunes.apple.com/jp/app/mens-non-no/id705001042?mt=8

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
2
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
真木よう子、「Gバストが白シャツを突き破りそう!」なコスプレ姿「健在破壊力」