芸能

“鬼才芸人”電撃ネットワーク・南部虎弾の「番組追放」伝説

 1月20日、「TOKYO SHOCK BOYS」として世界も魅了した過激パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のリーダー・南部虎弾が脳卒中で急逝した。72歳だった。〝鬼才芸人〟が遺した破天荒な逸話を振り返りたい。

 布団圧縮袋に入って空気を抜いたり、耳たぶに紙幣をホチキスで止めたりと、奇想天外な芸を披露した集団のリーダーは、その生き様もぶっ飛んだ芸人だった。

 そもそもは劇団「テアトル・エコー」の養成所に入所。しかし、いきなりやらかした。生前、週刊アサヒ芸能記者に南部がこう明かしている。

「建物の1階にある声優さんの事務所で『ここの養成所の先生っていうのは、飯が食えないから教えて飯食ってんだよ』って話してたら、隠しマイクがあった(笑)。『君はいらない。さようなら』って」(以下、表記なしは南部)

 その後、黒澤映画「影武者」に端役で出演したのち、「テレビで売れたい」とストリップ劇場にコント赤信号を訪ね、芸人を目指す。

 のちに3人組となったダチョウ倶楽部(当初は「キムチ倶楽部」)の初代リーダーだったことは有名だが、やはり〝はみ出し者〟の真価を発揮してしまう。

 若手芸人たちがゲストの講師に質問して指導を仰ぐバラエティー番組「ひょうきん予備校」(フジテレビ系、86~87年)に出演していた時のことだ。

「初めから完全にダウンタウンを売り出すための番組で、負けてられないなって。タモリさんが来た時に『お笑いらしいことを全然やっていないのに〝お笑いの帝王〟と呼ばれてるのはおかしくないですか?』って聞いたの。そしたら『君、面白いね。どんどん失礼なこと言った方がいいよ』って言われた」

 ところが、誰もが寛大な心で接してくれるわけではなかった。

 山本晋也監督がゲストの回で「監督って呼ばれてますけど、どんな作品があるんですか? エッチな作品しか知らないんですけど。どうしたら監督になれるんですか?」とぶつけたのだ。

「『おめえ、面白いこと言うじゃねえか。トイレ来い、コノヤロー!』って。『俺はケンカが強かったんだ。ケンカが強いと監督になれるんだよ!』って凄まれた部分は全部カット(笑)」

 続いてハナ肇がゲストの際、いつものように若手たちが番組の校歌をダラダラと歌ってから出迎えた。するとハナが真っ赤な顔をして教室に入ってきて激怒。

「何、考えてんだ! 俺たちがどうやってテレビを盛り上げてきたと思ってんだ!」

「俺、手を挙げて『ハナさんって意外と真面目なんですね』って言っちゃった。そしたら『コンニャロー! どこの事務所なんだ?』って。そのあとすぐ、家でテレビを付けたら、俺を除いた3人だけでテレビに出てたんですよ(笑)」

 とはいえ、転んでもただでは起きない南部だ。電撃ネットワークを結成するや、

「消火器を浴びたり、正露丸を一気飲みするネタを思いついたら、安全かどうか、その製品を作ってる会社に電話するんです。『子供が間違えて正露丸を全部飲んでしまって』って話したら『今までにそんな飲んだ人はいません。至急、会議しますので』とか言われたから『大丈夫です』ってガチャッと切っちゃった(笑)」

 ところで南部が死去した直前には、盟友のエスパー伊東(享年63)も亡くなっている。南部の知人が2人の生前エピソードを明かす。

「エスパーが同じ団地に住むチンピラに因縁をつけられ、約2年間にわたって1000万円以上を恐喝されていたことがあった。彼の身を案じた南部さんは『お前をいじめる奴は誰であれ許さん。俺が話をつけてやるから、どこにいるか教えろ。俺が守ってやる』って。あの俠気は忘れられません」

〝不死身の男〟に合掌。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日