スポーツ

駒野友一が明かしたW杯「痛恨のPK失敗で敗戦」の裏側!ホテルに帰ってからの「行動」は…

 サッカー日本代表はW杯で2度、PK戦で敗れている。最近では2022年のカタール大会だった。

 1回目は2010年の南アフリカ大会。この時、PKを外した駒野友一氏が鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルで、PK失敗の裏側を明らかにした。

 駒野氏によると、キッカーと順番は岡田武史監督が決めたという。駒野氏はそれまでPKに自信があり、外したことはほぼなかった。それもあって、3番目のキッカーに指名されたようだ。

 まったく緊張することなくボールを蹴ったが、その時の心境について、

「上を狙ったけど、軌道を見たら高すぎる、バーに当たると思った。バーに当たった瞬間は『やってしまったな』ということを一番に思ったかな」

 その後はGKの川島永嗣に託し、何もできず、ただ願うしかなかったという。

 結果、対戦相手のパラグアイは5人全員が決めて勝利。日本はラウンド16で南アフリカから去ることになった。

 試合後、多くの選手が駒野に声をかけたが、

「記憶がない。自分しか外していないわけだから、責任は自分にしかない。他の選手と目を合わせることができなかった。下向くしかなくて、外からの声も全然入ってこなくて、誰がどういう言葉をかけてくれたのかも全然わからない」

 そして「その後」について、次のように振り返ったのである。

「ホテルに帰ってご飯を食べて、監督が話をして解散になったんだけど、食事は喉を通らない。みんなはしゃべったりしていたけど、その中に入っていけなかった。部屋に帰って、他の人と会うのは嫌だなと思って部屋から出なかった。勝っていれば、次の試合でスペインと戦える。試合したかったな、というのはありましたね」

 そんな壮絶な経験をした駒野氏は現在、サンフレッチェ広島のスクールコーチを務めている。子供たちにはこう教えているという。

「失敗してもネガティブにならないこと。トライしてほしい」

 PKを失敗したからこそ言える、説得力ある教えだった。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え