社会

抗体が跡形もなく消えた!ワクチン接種が招く「別の感染症」/恐怖の「はしか」パンデミック(後編)

 前回の中編で指摘したように、「はしか」に罹ったことがある人は生涯、はしかを発症することはない。同様に、はしかのワクチン接種を適切に受けていれば、発症のリスクを大幅に低減することができる。

 これはヒトに備わっている免疫システムのうち、「獲得免疫」と呼ばれている防御機能が働くためで、麻疹ウイルスに感染したとしても、発症には至らないのだ。

 ところが、である。こと麻疹ウイルスに限っては、この獲得免疫による防御機能がアダとなるケースが、専門家の間で指摘されているのだ。

 例えば、アメリカのハーバード大学の研究者らが2018年に発表した学術論文を見てみよう。はしかに罹患したオランダの子供77人に対して、これまでに獲得した様々な病原体に対する抗体を分析したところ、はしかへの罹患後、11%~73%にも上る抗体が跡形もなく消え去っていた、という驚くべき事実が報告されている。要するに、麻疹ウイルスは獲得免疫の記憶細胞を死滅させ、免疫記憶を消失させてしまうことが明らかになったのだ。

 獲得免疫の記憶細胞は様々な病原体の特徴を記憶し、再び侵入してきた病原体を死滅させる役割を担っている。ところが獲得免疫の記憶細胞が麻疹ウイルスに感染すると、麻疹ウイルスを認識する記憶細胞に次々と置き換えられてしまう。その結果、麻疹ウイルスに対する獲得免疫は強力に確立、維持されることになるが、麻疹ウイルス以外の様々な病原体に対する獲得免疫は、大きく減衰してしまうのである。

 免疫学の専門家も、次のように指摘する。

「麻疹ウイルスの場合、免疫記憶の消失ははしかに罹った場合だけでなく、はしかのワクチン接種を受けた場合にも起こります。記憶の消失状態は数カ月から数年にわたって続き、やがて獲得免疫は元の状態に戻っていくとされますが、問題は消失状態の時に別の感染症にかかるリスクに晒される点です。WHO(世界保健機関)も『はしかのパンデミック(世界的大流行)が発生すれば、季節性インフルエンザや新型コロナ感染症をはじめ、様々な病原体による病気が蔓延する危険性がある』との懸念を表明しています」

 はしかのワクチン接種が広がれば広がるほど、はしか以外の感染症が蔓延するリスクは高まっていく。まさに「はしかのパラドックス」とでも称すべき真実だ。(おわり)

(石森巌)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人