スポーツ

徳光和夫が高笑い!あの開幕戦「巨人・梶谷スーパーキャッチ」陰のヒーローは「電撃退団の助っ人」

 今年のプロ野球開幕カードで最も重要だったプレーに、「梶谷のスーパーキャッチ」を挙げる評論家やファンは多いだろう。

 巨人×阪神の初戦は、ランナー2人を置いた場面で、阪神の3番・森下翔太が右中間に「これは抜けた」と思われる大きな当たり。スタメン出場していた右翼手の巨人・梶谷隆幸がなんとギリギリで追いつき、ダイビングキャッチしたのだ。

 長打に備えて1塁から大きく飛び出していた中野拓夢は帰塁できず、ダブルプレー。阪神のビッグイニングの芽を摘む、この試合最大のハイライトだったと言っていい。

 巨人党で知られるフリーアナ・徳光和夫が自身のYouTubeチャンネル〈徳光和夫の人生ジャイアンツ【日テレジータス公式】〉に巨人・阿部慎之助監督を招き、この試合を振り返った。

徳光「開幕戦、梶谷のファインプレーは今後のジャイアンツの戦いの中でも相当、評価できますね」

阿部「素晴らしいプレーでしたし、あれで勝ったようなもんですよね、本当に」

徳光「そうですよね。そういう意味では陰のヒーローはオドーアかと思いますけど。そんなこと言っちゃいけませんけど…」

阿部「ハハハ、陰のヒーローって…はい、うん(苦笑)」

 梶谷のスーパーキャッチを演出したのは、新外国人のルーグネット・オドーアだったのだと、徳光は皮肉を込めて指摘したのだ。

 オドーアはオープン戦での成績が振るわず、2軍調整を提案されたが、これを断固拒否。なんと開幕3日前に、電撃退団してしまった。メジャーリーグ通算178本塁打のプライドが、2軍落ちなど許さなかったのだろう。

 とはいえ、高橋由伸氏、村田真一氏、宮本和和氏、元木大介氏といった巨人OBは軒並み、開幕前にはオドーアの右翼スタメン出場を予想しており、梶谷を挙げたOBは皆無と言ってよかった。阿部監督の心づもりがどうだったかはわからないが、梶谷にとってはまさに「棚からボタ餅」的な開幕スタメン起用の様相だったのである。

 ちなみに、オドーアの本職は二塁手だが、メジャーリーグでは6度もリーグ最多失策を記録。外野手としての経験が少なかったことを考慮すると、確かに「陰のヒーロー」かもしれない。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」