スポーツ

ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」

 ボクシング・井上尚弥の「5.6東京ドーム世紀の決戦」に水を差す事件が勃発した。次代のスター候補「ネクスト・モンスター」と呼ばれる、WBC世界フェザー級8位の堤駿斗(志成ジム)が、世界ランカー対決の前日計量で「体重超過」の大失態を犯したからだ。

 堤は東京・後楽園ホールで4月17日に行われる、元WBA世界バンタム級王者で現WBA世界フェザー級9位アンセルモ・モレノとのフェザー級10回戦を控え、4月16日に日本ボクシングコミッションで前日計量に臨んだ。

 ところが、フェザー級のリミット57.15キロを1.6キロも超過する58.75キロ。2時間の猶予が与えられた堤は、再計量でもわずか50グラムしか落ちなかった。

 両陣営は7%超過までの条件で、対戦に合意。当日午前10時に再計量して61.12キロ以内であれば試合を行う、としていた。

 那須川天心と幼なじみという堤は、アマ13冠をひっさげてプロ入り。ジャブを武器に試合をコントロールし、相手を追い詰めて中盤から終盤に仕留めるスタイルで、「井上尚弥2世」と呼ばれるホープとして騒がれた。中量級で世界に通用する希有なボクサーの、まさかの計量失敗に、ボクシング界もファンも失望。

 56.8キロで軽量をクリアしたモレノは、

「たいへん失望している。世界タイトルを目指しているなら、体重を作ってくるのはプロとして当然のこと」

 と苦言を呈した。

 5月に井上と対戦する元WBC世界バンタム級、スーパーバンタム級王者のルイス・ネリが2018年に王座を剥奪された時は、1.36キロの超過だった。しかし、堤はこれを上回る1.6キロで、

「かなり悪質といえますね。階級制を前提としたボクシングでの体重超過は、社会的信用を著しく毀損する行為。『ネクスト・モンスター』の称号は外した方がいい」(スポーツライター)

 日本人ボクサーでは2018年4月に、WBC世界フライ級王者(当時)の比嘉大吾が、防衛戦で900グラム超過して王座を剥奪されたことがある。

 その際、比嘉はJBC(日本ボクシングコミッション)から無期限資格停止処分を科された(2019年10月に解除)。2020年2月にリング復帰を果たすまで、1年10カ月を要している。

 もともと減量が苦手だったという堤。ファンからは期限付きライセンス停止を求める声が上がっているが、そもそも勝負の土俵にすら立てないのだから、その時点で「敗者」になったも同然なのである。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意