スポーツ

「巨人・岡本和真は復調していない」江川卓がズバリ指摘する「ボール1個高め打ち」の危険度

 5月11日、12日のヤクルト戦で3本のアーチを放ち、量産体制に入ったかに見える巨人・岡本和真。5月16日時点で、9本塁打の村上宗隆に次ぐ8本で、中日の細川成也と並び、2位に躍り出た。岡本復調の兆しに安堵する巨人党の声がある中で「さもあらず」と分析したのは、野球解説者の江川卓氏だ。

 江川氏は自身のYouTubeチャンネル〈江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】〉で、こう解説した。

「打率が4割近くあったのが、今は2割7分、8分まで落ちてきてますからね。僕の中では、ピッチャー目線でいうと、(打席での岡本の)目線がボール1個高くなってるかなって思いますけどね。高めのボールのホームランが多いんですよ。そのボールを打ってると、絶対(打撃フォームを)崩すから、ホームランになってるからいいとは思わないですけどね。そのボールを見送れば、ボール(の判定)なんで。相手の失投でストライクゾーンのボールを打てば形(打撃フォーム)は崩れないので…」

 確かに今シーズンの岡本は、高めの球をスタンドに運ぶイメージがある。ゆえに低めのボールで三振する場面をよく目にする、とも江川氏は指摘した。

 5月14日のDeNA戦では「プロ10年目にして初」のレア記録で話題になった。3回ウラの攻撃で相手投手のアンソニー・ケイが投じた6球目のチェンジアップを空振り。これが暴投となり、岡本は一塁ベースに振り逃げで出塁する。この振り逃げが、岡本にとってプロ初の珍事だというのだが、問題は内角寄り低めで、見送ればボール判定でもおかしくない球を振ったということにある。

 岡本が強振するボールの高さが、ひとつの見どころだろう。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し