スポーツ

落合博満がズバリ!大谷翔平の「三冠王獲得」に立ちはだかる「最大のネック」

 野球解説者の落合博満氏が5月19日、出演した「サンデーモーニング」(TBS系)で、ドジャース大谷翔平の三冠王の可能性について言及した。

 17日(日本時間18日)の本拠地・レッズ戦で13号2ランを放った大谷は、同日時点で一旦、打率と本塁打数でリーグトップに立った。

 落合氏は「センター方向に打球が飛んでいるってことなんだろうと思います。無理して引っ張り込みにいかないということなんだろうと思うんでね。それが野球の基本ですから、基本に忠実に打っているということ」と、大谷の好調理由を解説。

 ところが、大谷の三冠王の可能性について問われると、落合氏は「話題にするには早すぎる」と前置きした上で、オズナ(ブレーブス)に9点離されている打点については「2番を打ってる以上は、そんなに打点を稼げる打順ではありませんからね。一番そこがネックになってくるんだろうと思います」と、冷静に説明した。

 同じく野球解説者の中畑清氏から「言ってもいいのにね、三冠王って」とツッコまれると、落合氏は「可能性はなくはないですよ」と苦笑いを浮かべたのだが…。

 スポーツライターが説明する。

「やはり1、2番が塁に出てクリーンアップが返すのが得点の基本。打順が2番では、スコアリングポジションにランナーがいる場面で打順が回ってくるチャンスはクリーンアップほどではありません。事実、大谷はチーム内で打率・本塁打・安打数・盗塁で1位ですが、打点だけは4番を打つテオスカー・ヘルナンデスに次ぐ2位。ヘルナンデスの打点の多さは、あきらかに1番ベッツ、2番大谷の出塁率の高さに助けられています。日本のファンからは『よく打つ』イメージのあるドジャース打線ですが1、 2番以外に3割打者がいないどころか、下位打線は2割5分を切るような選手ばかり。これでは大谷に打点を稼ぐチャンスは少ないですね。順位予想などにも独自のこだわりを持つ落合氏がリップサービスで『3冠王』と言えないのも頷けます」

 ちなみに、リーグ打点トップのオズナは3番がメイン打順。打率も3割2分以上と高く、大谷より打点が稼ぎやすいポジションにいる。二刀流が見られない今シーズン、大谷の3冠王は日本の全野球ファンの夢だが、最大の難関「打点」でもトップに立つには、数少ないチャンスで巡ってきた打席をすべてモノにするぐらいの勝負強さが必要だろう。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し