スポーツ

これは井上尚弥でも勝てない!裏PFP1位の戦慄ショート動画に「洗濯機が壊れたような音」とナオヤ信者が絶句

 日本人にとって長年の宿敵だったルイス・ネリを、GW頂上決戦で見事にKOでマットに沈めた、プロボクシングのスーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥。

 試合直後は海外のボクシングメディアでも、全階級を通じたPFP(パウンドフォーパウンド)ランキングで1位に返り咲くなど、「世界に井上あり」を改めて浸透させた。

 ところが、5月18日にヘビー級の4団体統一戦でウクライナ出身のオレクサンダー・ウシクが、英国のタイソン・フューリーを2-1の判定で下して4団体を統一すると、米国ボクシング専門誌「ザ・リング」は、ウシクをPFP1位に、井上は2位へと後退させた。この順位変動が連日、日本国内では物議を醸しているのだが…。スポーツライターが話す。

「5月12日にWOWOWで放送された『生中継!エキサイトマッチSP』で、ボクシング評論家のジョー小泉氏が、リング誌のPFPのランク付けの裏事情を説明しました。実は、日本では重要視されがちな4団体統一というベルトの数が評価されたわけではなく、どの相手に勝ったのかが重要だと。そしてリング誌が井上を評価したのは、昨年のスティーブン・フルトン戦だったとリング誌の関係者が話していたことを、小泉氏は打ち明けていました。日本では先日のネリの方が有名ですが、どうやら米国ではフルトンの評価がネリ以上に高く、その相手をKOで倒したことが一気に評価を上げたというわけです。そう考えると、ウシクが判定とはいえ負かしたフューリーは、最重量級のヘビー級で一時代を築いた選手だけに、フルトン以上の評価だったということでしょう。それがリング誌のPFP1位と2位が入れ替わったストレートな事情だと考えられます」

 井上が1位に返り咲くには階級を上げる必要があるのかなど、各メディアが議論を交わしているが、どうやら階級よりも重要なのは「相手」の評価のようだ。

 そんな中、ファンが「いつか対戦してほしい」と名前を挙げるのが、裏PFP1位との呼び声が高い、現在WBA世界ライト級王者のジャーボンテイ・デービスだ。なぜ「裏1位」なのか、前出のスポーツライターも苦笑いだ。

「デービスは素行が悪く逮捕歴もあります。一歩間違えば刑務所行きスレスレの私生活で、ギャングとの付き合いもあるようですね。そして、これまでキャッチウェイト(正規の階級の規定体重ではなく、事前に両選手間の話し合いで決められた体重)で戦うことが多かったことで、正統派を評価するPFPには反映されませんでした。ひと言でいえばアウトローなんですね。ですが、実力は29戦29勝27KOと折り紙付き。倒した相手には、3階級王者や無敗のスター候補など有名どころが目白押しです。そんなデービスと井上との対戦は階級が違い過ぎるとデービス本人は否定していますが、井上のことは動画でも言及してその実力を認めています」

 しかし、井上の夢の対戦相手としてデービスの名前が浮上すると、YouTubeではデービスの動画にアクセスする日本人が急増。そして、それを見た井上信者が口を揃えて「これはナオヤでも勝てないんじゃね?」と震え上がったという。

「中でもトレーナー相手の壮絶ミット打ちは1分足らずのショート動画ですが、スローで見ると『(パンチの)残像しか見えない』と、体幹の強いデービスが繰り出す、あまりに速くて正確なショートアッパーや、その打ち込む音に度肝を抜かれたようですね。『洗濯機が壊れた時にしか聞いたことないようなエグい音』と表現する人もいました」(前出・スポーツライター)

 その動画は数十秒のミット打ちのあと、過去の猛者たちを一発KOする場面が立て続けに散りばめられている。これも井上信者を戦慄させた理由だろう。それでもPFP1位には「倒した相手」が重要というなら、「井上VSデービス」の頂上決戦がいつか実現してほしいと思うのは、やっぱり日本人だからか。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し