スポーツ

広島カープ・黒田博樹はなぜ「“男気”復帰」に動いたのか?(2)復帰への障壁がなくなった?

20150122e

 話は昨年10月に遡る。

「2年連続で3位となった広島はCSに進出しましたが、その直前に野村謙二郎監督(48)が辞任を発表しました。これから決戦に臨もうという時に、発表する必要があったでしょうか。表向きは監督に花道を飾らせようと、菊池涼介(24)、丸佳浩(25)、堂林翔太(23)、會澤翼(26)といった“野村チルドレン”を鼓舞する目的のように見えました。しかし、早期の監督辞任発表の真の目的は、黒田に対する受け入れ態勢のアピールだったんですよ。ちょうどヤンキースもプレーオフ進出を逃し、黒田も去就を考える時期だった。『野村監督はいなくなるから、帰ってこいよ』とね」(球団関係者)

 野村前監督の退任がなぜ黒田の日本復帰につながるのか──。

 実は、黒田が広島に戻るのをためらわせていた障壁が、なんと野村前監督だったというのである。そればかりか、先の球団関係者はこう続けるのだ。

「黒田の復帰機運は、その1年前にも高まっていたんです。現在は解説者となった前田智徳氏(43)が13年に引退しましたよね。並行して、極度のプレッシャーなどで疲弊していた野村監督も一度は『限界です』と漏らしていた。この“2人の障壁”がなくなることで、黒田の復帰が具体的に進んでいたんです。ところが、監督の後ろ盾となる松田元オーナー(63)から『何を甘ったれたことを言ってんだ』と叱責されて残留となった。結果的に、黒田もヤンキース残留となったんです」

 つまりは前田氏も黒田に二の足を踏ませる存在であり、“天敵”だったというのだ。

 黒田はメジャー4年目以降、常に1年契約を結んできた。もちろん、本人が語るように「複数年契約で甘えたくない」という気持ちもあっただろう。とはいえ、近年はずっと野村前監督と前田氏がチームから一掃されるタイミングを計るために単年契約を望んでいたようにも見えるのだ。では、なぜ2人が障壁だったのか。元広島番記者が言う。

「野村監督は現役時代から自分に厳しい一方で、他人にはもっと厳しかった。自分自身も若手の頃にこなしてきた自負があるからなのでしょうが、ある意味では広島野球の伝統とも言える根性論を後輩に対して押しつけるのがすごかったんです。投手、野手の見境なくチームリーダーを気取っていたため、自分が走れば『お前らも走れ!』と始まる。ミスすれば、半ばいじめに近い理不尽な“罰走”を科して統制することもありました。黒田は納得がいかなければ、相手に意見をしっかり言うタイプですから衝突は当然でした」

 黒田はたゆまぬ努力をしてメジャーでも通用するスター選手となった。特に下半身の体幹を鍛えるトレーニングには一家言あり、だからこそメジャーの硬いマウンドでもピッチングスタイルが崩れなかった。

「アマチュア時代からハードな状況は経験してきた。そのうえ目的意識を持って練習をしてきただけに、プロに入ってまで上から押さえつける不毛な指令にはうんざりだったのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 一方の前田も若手に対する厳しさでは評判だった。だが、それ以上に人を寄せつけない威圧感が黒田にとって苦手だったのだという。あのイチローが尊敬した打撃技術は文句なしに超一流で、アキレス腱断裂という悲運のドラマも手伝ってファンからの支持も絶大な前田だったが‥‥。

「そのうえ、引退を引き延ばされるほど松田オーナーからも寵愛されただけに、誰も意見を言えなかった。晩年こそ堂林をかわいがったりしましたが、黒田とは対照的に若手の面倒を見るというタイプでもなかった。そのため、ベンチで幅をきかせていると、低迷期には、よけいチームの雰囲気を悪くしていたことを黒田は気にしていたんです」(元広島番記者)

 ところで、今季は黒田のみならず、前阪神の新井貴浩(37)も広島に戻ってきた。新井の復帰が黒田の決断を後押ししたという声まであるほどだ。

「実は黒田と新井はかつてチームを再建しようと、どうやったらチームを強くできるか真剣に意見を交換していた仲なんです。その一案として、生まれ変わる意味で球団に選手の刷新を申し出たことがあったといいます。それが野村監督や前田の一掃だったと‥‥」(球団関係者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」