スポーツ

広島カープ・黒田博樹はなぜ「“男気”復帰」に動いたのか?(3)24年ぶり悲願達成の可能性

20150122d2nd

 実は、ドジャースとの契約が切れた11年のオフにも、黒田が古巣帰還に傾いたことがあった。もちろん、野村政権時代だ。

「球団は野村監督も交渉に同席させるため、渡米させたんです。監督が頭を下げて黒田に誠意を示したといいます。黒田もこのオファーをムゲに突っぱねはしませんでしたが、結局、ヤンキースと単年15億円以上で契約した。親しいカープOBにはやはり、野村監督がいるから断ったと黒田がこぼしていたそうです」(球界関係者)

 安仁屋氏は言う。

「マエトモにしても謙二郎にしても、一流プレーヤーは自分のプレーに自信を持っているからこそ、みんな個性が強い。折り合いが合う、合わないというのはあるでしょうけど、周りが言うだけで本人らは意識してないと思いますけどね」

 いまだトラウマになっていた前監督は去り、今季からは緒方孝市新監督(46)が指揮を執る。満を持して黒田が8年ぶりに戻り、いよいよ広島は24年ぶりの悲願達成へ向け、優勝を目指す体制が整った。黒田も気合いが入っている。

「ドジャースに移籍して以来、娘さんたちがロスでの生活環境を気に入って、ヤンキースに移籍してからも黒田は単身赴任でニューヨーク入りしました。『娘は完全に外国人だよ』と話していましたが、英語もペラペラで、このままロスに残るようです。日本となればさらに家族と遠く離れてしまうわけですが、それでも黒田の男気は広島を優勝させたい一心でしょう。だからこそ、巨額マネーではなく広島を選んだ」(スポーツライター)

 はたして今年こそ鯉が球界の頂点に上り詰めるか。

「メジャーで5年連続2桁勝利をあげてきた実績のあるピッチャーでもシーズンに入って最初の1勝、2勝で両目を開けるまでは不安があります。ただし、そこを越えればプレッシャーにも強い選手ですからね。ファンの期待値は高いでしょうが、10勝してくれれば申し分ない。あくまでエースはマエケンですよ。一昨年、昨年と3位で若い選手も自信をつけてきてますから十分優勝を狙えるでしょう」(安仁屋氏)

 伸び伸びと投げられる環境で、バリバリのメジャーリーガーとして帰国する黒田に旋風を巻き起こしてほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)