社会

「カシオペア紀行」東北運行から引退で「撮るものがなくなった」撮り鉄の嘆き節

 6月28日に運行されたカシオペア紀行と、その車両の返却が6月29日に行われ、沿線にはいつもより多くの撮り鉄が詰めかけた。というのも、カシオペア紀行は東北エリアでの運行はこれが最後、という噂が広がったからだ。鉄道ライターが解説する。

「臨時特別急行列車の『カシオペア』は2016年に運行を終了し、以降は団体専用列車の『カシオペアクルーズ』『カシオペア紀行』として運行されてきました。E26系客車が老朽化しており、牽引する電気機関車も古くなっていることから、引退が噂されていたんです。カシオペア紀行は主に上野と東北地方を結ぶルートで運行されてきたきたのですが、今後の運行予定には東北地方へ行くプランがない。そこで今回を最後に、東北地方の運行が終了すると言われるようになりました」

 現在発表されているカシオペア紀行の運行予定は、上野駅を出発して宇都宮線を走り、小山駅で折り返して上野駅に帰ってくる、これまでにない短いツアーのみ。東北地方から引退の可能性は高そうだ。

 これに撮り鉄からは嘆き節が。「撮るものがなくなる」というのだ。列車は今も多く走っているのに、である。その事情を、前出の鉄道ライターが語る。

「撮り鉄は列車なら何でもいい、というわけではありません。通勤列車などは、車両引退の直前にならないと見向きもしません。人気があるのは国鉄時代の車両や、機関車が牽引する貨物列車、ブルートレインです。しかし、ブルートレインはすでに全廃されていて、残っている客車を使った寝台特急はカシオペア紀行だけ。それすらなくなったら、もう何を撮ればいいのか、という心境なんです」

 とはいえ、撮り鉄が撮影をやめるとは考えづらく、数少ない被写体に集中することになりそうだ。今後はこれまで以上に、撮り鉄が問題を起こす機会が増えるかもしれない。

(海野久泰)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
3
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!
4
「元祖SNS炎上妻」騒動もあったけど…広島カープ・小園海斗が4番で成功した「最大の要因」
5
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」