社会

医師・帯津良一の健康放談「志半ばなら“あの世”で続けるだけですよ」(2)

20150205v2nd

 晩酌は365日欠かしませんが、平日は必ず18時半から始めます。毎日18時半になったらビールの前に座らないと、機嫌が悪くなっちゃう。当然です、私にとって酒は胸をときめかせてくれるものの一つで、「攻めの養生」の中でいちばん重要なのが「ときめき」なのですから。「ときめき」は、免疫力や自然治癒力も高めてくれるのです。

 平日の晩酌は20時までの、1時間半ぐらい。病院で晩酌をする日に呑む量は、350ミリリットルの缶ビールを2~3本呑んでから、ウイスキーをダブルロックで2~3杯呑みます。

 結構な量ですよね。

 いい気持ちになってきたら、「そろそろメシでも」と頼んで御飯を食べる。20時15分にタクシーに乗って帰宅する、というのが平日のスケジュールです。

 日々の晩酌を楽しむ時、私は「これが最後の晩餐」と思いながら味わいます。今夜の晩酌を終えたら死ぬんだと思いながら酒を呑む。

 死が怖くないのか? と尋ねられる時、私はこう答えます。

「いつ死んでも後悔しませんし、死に対する覚悟もできています」

 覚悟というのは、何も大石内蔵助の討ち入りなんて話じゃありません。今生から死後の世界まで見通して、一歩一歩、命のエネルギーを高めながら自分を向上させていくということです。霊性を高めていくと言いかえてもいい。

 それこそが「攻めの養生」で、生きている間は常に果たしていき、死後の世界に行っても続ける。だから、霊性を高めるのは永遠の仕事なのです。

「自分を向上させる」とは、自分が決めた道を、最後の瞬間こそ、より速度を上げて高めていくということです。たとえ志半ばであってもいいのです。志半ばなら、死後の世界へ行ってから続ければいい。

 先ほどの知人はまさにこの好例です。

「生」から「死」へ移行するこの瞬間を、私はよく棒高跳びに例えるんですよ。タッタッタッタッと走っていって、一気に加速する。そして、棒を地面に突き立てて一気に跳び越える。跳び越えた先が「死」です。これが私の考える「死」への向かい方です。

 私にとって酒が「攻めの養生」の一環になっているのは、遺伝もあると思います。玩具店を営んでいた親父が酒呑みでした。外で呑んで帰ってきて戸を開けた瞬間、土間にドーンと倒れ込む姿を何度も見てました。

 親父の遺伝で酒呑みではありますが、そこまで泥酔するほどではありませんし、特に大学生時代はたしなむ程度でした。

 酒量が増えたのは、医者になってからです。同業を志す仲間もいるし、酒はおいしいうえに、呑んだ時の気持ちもいいですし。それでだんだん、好きになっていったんですよね。医者になって15~20年目ぐらいまでは、バカ呑みも。

 たまに二日酔いでどうにもならない日もあって‥‥今思えば、若気の至りでしたねぇ(笑)。

◆プロフィール 帯津良一(おびつ・りょういち) 医学博士。東大医学部卒、同大医学部第三外科、都立駒込病院外科医長などを経て、帯津三敬病院を設立。医の東西融合という新機軸をもとに治療に当たる。「人間」の総合医療である「ホリスティック医学」の第一人者。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え