社会

腹筋500回に匹敵!? 黒柳徹子も10年間実践する「スクワット健康法」の万能効果

20150208kuroyana

 中年太りに悩む40~50代がいる一方で、「自分は痩せているから大丈夫」と安心している人は多い。しかしそれが、単に筋肉量が少ないだけの「痩せ体型」である場合、将来思わぬことになるかもしれないのだ。

 それがここ数年、厚生労働省もさかんに注意喚起している「サルコペニア」という症状。加齢による筋肉量の減少で、ひどい場合は「ロコモティブシンドローム」と呼ばれる運動器の衰え、障害が起こり、“要介護”や“寝たきり”状態にまで発展するおそれがある。痩せて筋肉が少ない人ほどこの症状に陥りやすく、これは男女ともに共通する。

 これを防ぐには筋肉を鍛えること。とはいえ、ハードな筋トレなど行う必要はない。

「1日10~15回、スクワットをやることから始めれば、太ももからお尻、そしてお腹周りの筋肉の張りを取り戻して、筋量の減少を防ぐことができます」(フィットネスライター)

 このスクワット健康法は、多くの芸能人も行っているという。

「黒柳徹子さんは健康維持のために10年間毎日、寝る前に50回行っていたそうです。あの森光子さんも朝晩合わせて毎日150回続けていたのは有名な話。ある筋肉量増加の研究によれば、スクワット15回は腹筋500回にも匹敵する効果があると言われています」(前出・フィットネスライター)

 また、筋肉を積極的に動かすことは、中高年男性にとってもメリットが大きいという。

「それは成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が促されることです。これらのホルモンの分泌が盛んになると、全身の代謝が上がり、体が活性化され、男性機能の維持にもなるんです」(前出・フィットネスライター)

 1日たった10~15回のスクワットだけで健康維持ができるという。これこそ中高年にとっての「カンタン万能運動法」と言えそうだ。今日から実践しようという人は、ぜひ「正しいフォーム」を学んで行うことをオススメする。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」
3
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」奇跡の逆転劇裏で起きた“アクシデント”
4
みちょぱ、「歯が抜ける夢」告白で浮上した“自分慰め行為への感情”とは!?
5
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた