社会

腹筋500回に匹敵!? 黒柳徹子も10年間実践する「スクワット健康法」の万能効果

20150208kuroyana

 中年太りに悩む40~50代がいる一方で、「自分は痩せているから大丈夫」と安心している人は多い。しかしそれが、単に筋肉量が少ないだけの「痩せ体型」である場合、将来思わぬことになるかもしれないのだ。

 それがここ数年、厚生労働省もさかんに注意喚起している「サルコペニア」という症状。加齢による筋肉量の減少で、ひどい場合は「ロコモティブシンドローム」と呼ばれる運動器の衰え、障害が起こり、“要介護”や“寝たきり”状態にまで発展するおそれがある。痩せて筋肉が少ない人ほどこの症状に陥りやすく、これは男女ともに共通する。

 これを防ぐには筋肉を鍛えること。とはいえ、ハードな筋トレなど行う必要はない。

「1日10~15回、スクワットをやることから始めれば、太ももからお尻、そしてお腹周りの筋肉の張りを取り戻して、筋量の減少を防ぐことができます」(フィットネスライター)

 このスクワット健康法は、多くの芸能人も行っているという。

「黒柳徹子さんは健康維持のために10年間毎日、寝る前に50回行っていたそうです。あの森光子さんも朝晩合わせて毎日150回続けていたのは有名な話。ある筋肉量増加の研究によれば、スクワット15回は腹筋500回にも匹敵する効果があると言われています」(前出・フィットネスライター)

 また、筋肉を積極的に動かすことは、中高年男性にとってもメリットが大きいという。

「それは成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が促されることです。これらのホルモンの分泌が盛んになると、全身の代謝が上がり、体が活性化され、男性機能の維持にもなるんです」(前出・フィットネスライター)

 1日たった10~15回のスクワットだけで健康維持ができるという。これこそ中高年にとっての「カンタン万能運動法」と言えそうだ。今日から実践しようという人は、ぜひ「正しいフォーム」を学んで行うことをオススメする。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」