スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「コスモナインボールが巻き返す」

20141126logo

 今週は東京で「共同通信杯」が行われる。春クラシック戦線へ向けての重要な前哨戦だけに目が離せない。一方、京都の「京都記念」は天皇賞・春以来となるキズナの復帰戦。女傑ハープスターとの初対決にも注目が集まる!

 明け3歳の特別戦が毎週組まれ、クラシックの蹄音が足早に聞こえるまでになってきたが、先週のきさらぎ賞同様、今週のメーン、共同通信杯も厩舎期待の逸材、素質馬ぞろいで、ファン必見の注目すべき重賞と言っていい。

 周知のとおり昨年の覇者イスラボニータは、皐月賞を勝ち、ダービー僅差2着。12年の1着馬ゴールドシップは、皐月賞、菊花賞の2冠に輝き、2着馬ディープブリランテは、ダービー馬になっている。

 年々レースの重みは増してきたように見えるが、今年もアヴニールマルシェ、アンビシャス、リアルスティールなど有力どころは素質馬ばかりで、白熱した競馬になること請け合いだ。

 そして気になるのがドゥラメンテの出否だろうか。圧巻のパフォーマンスを披露したセントポーリア賞から中1週ということで、出走に踏み切る公算が強いものの、関係者ははっきりとGOサインを出していないからだ。

 GIエリザベス女王杯を制したアドマイヤグルーヴが母で、女傑エアグルーヴ(GI2勝)を祖母に持つ良血。そのとおりの活躍で、目下圧倒的な強さを見せて未勝利─特別戦を連勝中だ。それだけに出走してくれば前述した人気どころを差し置いて、最有力候補に躍り出ることだろう。

 が、やきもきしても始まらない。はっきりとGOサインが出たところで穴党としては本命視するわけにはいかない。

 03年に馬単が導入されて以降、その馬単で万馬券になったのは1回のみ。優勝した馬は、1番人気が4回(2着3回)、2番人気が2回(同3回)と比較的本命サイドで収まる重賞。そうであっても今回は素質馬ぞろい。下馬評どおり、簡単には決まらないと見た。

 穴党は、穴党らしく。狙ってみたいのは、コスモナインボールである。ソールインパクトと並んで6戦と最もキャリアを積んできている馬。この経験の重みは小さくない。

 朝日杯FS9着、京成杯13着。ここ2戦の成績から一線級と見られるクラシック候補が相手では分が悪いと判断されてもやむをえないところ。が、「朝日杯FSは奇数枠でゲート内で待たされたことが響いて」(柴田大騎手)出遅れ。そのうえ馬場が悪く(やや重)、最後まで流れに乗れなかった。前走の京成杯は、「やや重め残りの状態」(和田雄調教師)だったそうだ。さらには直線で前をカットされる不利を被っている。

 ということで、まだ見限るわけにはいかないのだ。未勝利─500万特別─オープン特別と3連勝を飾ったが、簡単にできる芸当ではない。

 この中間はしっかり乗り込まれており、動き、気配とも前走をしのいで、ほぼ満点だ。

「状態は間違いなくアップしている」

 とは厩舎スタッフが口をそろえるところ。ならばあらためて期待したい。3連勝はいずれも左回り。距離もよく、この馬にとっていわばベストの舞台だろう。

 ハイアーゲーム産駒。有力どころと比べて血統は地味だが、それでも母系はなかなか。サーガノヴェル(GIIIフェアリーS、GIIIクリスタルC)、エイシンビンセンス(GIII北九州記念)など近親、一族に活躍馬は少なくない。相手はそろったが、良馬場なら巻き返しがあっていい。

 京都記念は、ハープスターが圧倒的人気を得るのだろうが、狙ってみたいのはレッドデイヴィスだ。長期休養明けを2度使われて、この中間大幅な良化ぶりを見せている。距離の不安はなく“一発”があっていい。

◆アサヒ芸能2/9発売(2/19号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、必死に隠したけど…放送事故級“見えちゃった”大事な部分
2
「豊洲市場を出禁」報道の渡部建、現場の社員から返ってきた意外な答えとは?
3
華原朋美、ますますド迫力のカラダつき…披露した“騎乗”映像の「圧巻」!
4
中川翔子のニットがパンパン!ダイエット成功でもバストはデビュー当時以上?
5
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露