芸能

桐谷美玲 才媛ビーナスの隠しきれない色気とは?(3)清廉なイメージからCMに引っ張りだこ

20150219r

 一方で桐谷といえば、その清廉なイメージからCMやイメージキャラクターに起用されることが多い。

 しかも、今年は「CM女王」の座も狙えるほどの人気だ。その反面、スポンサーサイドへの配慮もあって、大胆なセクシー路線が厳しいムードだという残念な声もある。広告代理店関係者が話す。

「ニホンモニターの発表する『タレントCM起用社数ランキング』は、一昨年の女王・武井咲が伸び悩み、混戦模様だと伝えています。結果、昨年のクイーンはローラの14社で、NHK朝ドラ『あまちゃん』で大飛躍した有村架純が13社で続き、桐谷は12社の3位でした。ただ、今年は逆転候補の代表格となっている。昨年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で、信長に反旗を翻した荒木村重の妻役を熱演し、全国区女優へとステップアップに成功。現在の推定CM契約料金の2500万円はお買い得感があり、売り込みもしやすく、今年は初のクイーンも射程圏。となると、大作映画であっても脱ぎシーンの披露は厳しそうです」

 米国の映画専門サイトが発表している「世界で最も美しい顔100人」のランキングでも、昨年はついに第8位でベストテン入り。

 小谷氏もうなずくばかりだ。

「美少女の系譜で言えば、小泉今日子ライン。逆三角形の小顔で、顎のラインが美しいんです。ショートヘアの似合ったキョンキョンのように、桐谷もポニーテールで耳を出すと、いっそう引き立ちますからね」

 小谷氏のお勧めCMは、昨年夏のサッポロビール「極ZERO」だ。可憐な浴衣姿が印象的だった。共演した、さまぁ~ず・三村マサカズも正統派の美女顔にうっとり。花火を見ながら飲んで見つめ合うシーンではNGを連発した。「(桐谷の)目がきれいなんですよ。目を合わせる時に本当にてれてしまって」と失敗談を打ち明けたほどである。

 CM出演を重ねる好感度の高さは、女優としてばかりでなく、もう1つの顔・キャスターとしての活躍ぶりによっても後押しされている。

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が話す。

「桐谷はフェリス女学院に通う才媛だけに、12年4月に『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の火曜日キャスターに抜擢されて以来、人気も実力も着実にアップしてますよね。女優業で忙しい中、しっかりと現場ルポにも同行するなど、スタッフの評判も上々です。同じ番組でキャスターを務める、慶応出身の嵐・櫻井翔と比較され、『櫻井の女性版』なんて声も聞かれる。ただ、主婦層の人気は別物。女優&キャスターをこなした沢田亜矢子さんは主婦層の目を意識して『極力、知的さを封印するようにした』と話していましたから、お高く見えてしまうのも考え物なんです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ