スポーツ

11月引退を決意した天龍源一郎が「革命と反骨39年」を語り尽くす!(3)最後に行き着いたのは家庭だった

20150226f

── 89年11月29日には札幌で馬場さん、94年1月4日には東京ドームでアントニオ猪木さんをフォールする偉業を成し遂げました。

天龍 馬場さんをフォールした時は、社会的ブームになっていたUWFが東京ドームに進出した日でしたからね。いずれ天国で馬場さんに会ったら「あの時は本当に俺の押さえ込みを返せなくて『天龍、参った』っていう気持ちでしたか?」って聞きたいですね。今となっては馬場さんの強烈なるプロ意識、経営者の感覚で1行でもいいからUWFの東京ドームじゃなくて全日本プロレスをスポーツ新聞の紙面に躍らせてやろうという策略があったんじゃないかと思うんです。馬場さんは徳川家康の本をよく読んでいましたからね。

 猪木さんのすごさは、1回も肌を合わせたことがない馬場さんの子飼いだった俺との一騎打ちに踏み込んだこと。あの土性骨には恐れ入ります。

── 90年春、40歳で全日本を退団してから65歳の今日まではメガネスーパーのSWS設立に参加したり、みずからWARを旗揚げしたかと思えば、全日本復帰、フリー、天龍プロジェクト旗揚げなど波乱万丈の人生でしたが、それによって長州、藤波辰爾や武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也の闘魂三銃士などの新日本のトップ選手との対決、大仁田との電流爆破マッチ、UWFスタイルの高田延彦、女子プロの神取忍など、夢の試合が実現しました。

天龍 スポットライトを浴びているヤツに、その時に触らなかったら語れないって思う俺がいましたよ。だから対戦相手を求めて右往左往している俺がいたんですね。飽きることなく常に一歩踏み出す自分がいた。一つの場所にいると「こんなはずじゃない」って何かを模索する。それを貧乏性って言うんですよ(苦笑)。

── 2010年4月19日の天龍プロジェクト旗揚げ戦で腰部脊柱管狭窄症になってしまい、12年に2度の手術を受けましたが、現在のコンディションは?

天龍 俺は手術をすれば100%の天龍源一郎に戻れると思ったんですよ。布団に入った時に「明日、ジョギングしよう!」って思う俺がいたんです。現実問題として、いろいろな技ができなくなった今は「天龍源一郎、お前は下手だな。もっと勉強しろよ!」と思っていますよ。だってレスラーはキャリアを重ねればどこかを故障しているはずだけど、みんなはうまくこなしてるんですよ。今こそカブキさんに「大丈夫だよ、源ちゃん! あと5年ぐらいしたらうまくなるよ」って言ってほしいですよ(苦笑)。何か技をやってみてひっくり返ったら、それは省いて違う技をやればいいのに腰が引けちゃうからダメなんです。13歳で相撲社会に飛び込めたのに、こんな度胸も決められない俺は情けないよねぇ(苦笑)。

 そんな自分に腹を立てていた5年間でしたけど、もう大丈夫ですよ。怖いものなしですよ。11月までの9カ月間で「これが天龍源一郎だ!」っていうのを見せるだけですから。自分を全てさらけ出すのもファンに対するお返しだと思うんです。そのまんま見せていくから、観るほうも覚悟してくれよという感じですね。

── プロレスを腹いっぱいやり、嶋田源一郎として家族のもとに帰るんですね。

天龍 2000年夏に分裂騒動が起こった全日本プロレスから戻ってきてほしいと言われた時に、馬場さんのいる頃のお袋のおっぱい恋しさみたいな感じで戻ったけど、昔とは違って戸惑いや躊躇がありました。

 全日本を出た三沢が旗揚げしたノアに05年に行った時も同じですよ。昔の三沢じゃなくて社長の三沢光晴だから、距離を置いてつきあわなきゃいけないんだなって感じでしたね。

 だから結局、行き着いたのが家庭だったんですよ。今、俺が恩返しをして満足感を持ってくれて、その満足感をまた俺に返してくれるのは家庭しかなかったんですよ。農家の長男だったのが、思わぬことで相撲に入ることになって13歳で上京して、流転の52年でしたからね。安住の地を探しながらさまよっていたんだと思いますよ。それが見つかった俺は幸せですよ。

◆聞き手・小佐野景浩

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化