スポーツ

広島・黒田も狙われている?一部のカープ女子が暴走中

20150312g

 もはや一種の社会現象、流行語と化している「カープ女子」。だが、広島のみならず、プロ野球界に活気と人気をもたらす彼女たちに今、下心な「異変」が起きているという。

 宮崎・日南から移った広島の第二次キャンプの地・沖縄では、「男気復帰」の黒田博樹(40)が合流したこともあり、押し寄せるカープ女子の熱狂ぶりは大変なものだった。ところが、

「この何年か、どさくさに紛れて選手の下半身にタッチするカープ女子が増えていますが、それがさらに加速傾向にあるんです。沖縄キャンプ中も、そんなハプニングが起きていました」

 こう話すのは、チーム関係者である。

「球場のある沖縄市総合運動公園は、選手とファンが接触できる範囲が広い。練習グラウンドから、走るための陸上競技場に何百メートルか歩いて移動する選手もいるし、ウエートトレーニング場もまた離れている。その移動の間、サインをもらったり話しかけたりするなど、ファンは触り放題。そこで、下半身にタッチするカープ女子がいたのです」

 カープ女子が変身しているのだ。

 そのキャンプは終了し、今週からはオープン戦に突入する。そこで狙われるのが大スター・黒田だという。

「オープン戦では球場を出てバスに乗るまでの何メートルかしか選手との接触機会がありませんが、ベテラン勢はオープン戦前半は帯同せず、キャンプ地に残ったり、広島の室内練習場などで独自調整をする場合が多い。ましてや黒田はキャンプ後半から合流したわけですから、いきなりの実戦登板はないでしょう。となれば、まだまだカープ女子が接触できることになる。観客はいなくなり、ガードマンや報道陣も少なくなって、それこそカープ女子にとってはチャンス。コアなファンは、わざとその時を狙って接触を図ります」

 黒田の男気あふれる下半身がもみくちゃにされるかもしれないのだ。実はカープ女子は横のつながりが強く情報交換を行っている。

「同じホテルに泊まり、目当ての選手の部屋を割り出してノック。あるいは選手が食事している店を探し、入店して話しかけたり、店の前で張り込んで『出待ち』したり‥‥」(カープ女子)

 暴走気味のカープ女子も出現しているようで、

「選手や報道陣の間でも有名な女性がいます。とりわけ選手たちが警戒しているのは、シーズン中の移動の新幹線の中。さすがにグリーン車内には入ってきませんが、選手がトイレに立つ時を狙ってデッキで待ち、隙を見て下半身に触れる。選手だけでなく、緒方孝市監督(46)もこの女性のターゲットの一人です」(スポーツ紙デスク)

 唯一の救い(?)は、広島ならではの「伝統」の存在。スポーツ紙デスクが続ける。

「すれ違いざまにバットのグリップエンドで相手の下半身をグリッとやるなど、昔から選手同士での下半身タッチが行われていることです。だからある意味、免疫があるというか、当たり前の挨拶というか‥‥黒田の若い頃などは特に激しかったと思いますね」

 広島の選手たちはグラウンド外でも、カープ女子の大胆かつ超積極的な「先制攻撃」に対する「守備力」が問われているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す