社会

重大病が見つかるチェックリスト「冬バテ」(2)

20150312ee2nd

 冬場は朝晩と日中との気温差が激しくなりますが、それが、「冬バテ」の原因の一番目となります。寒い屋外と、暖房の効いた屋内に対応しようとして、体が必要以上にエネルギーを消費し、自律神経の働きが乱れてしまうのです。気温が寒いと、交感神経が高ぶり、血管が縮みます。それとは反対に暖かい場合、副交感神経が高ぶり、血管が広がります。こうした働きをつかさどっているのが、自律神経です。しかし、気温差が激しいと、この自律神経のバランスが崩れ、体調も崩れるというわけです。冬は、四季の中で最も寒暖差があるとも言えます。

 また、冬バテの原因の二番目は、寒さです。寒さが厳しさを増すと、交感神経がより活発化し、血管が収縮するので、血流が悪化します。そうなると、リラックスを促す副交感神経が働かず、常に体が緊張した状態になり、冬バテを悪化させます。夏バテよりも症状が多彩で重度なのはこの理由によります。

 夏バテだと本人も注意しますが、冬バテというものがあることを知らないで、つい油断してしまうケースも多いようです。

「冬バテ」の症状としては、「やる気が出ない」「イライラする」「筋肉のコリ」や「だるさや疲労感」「頭痛」「寝つきが悪い」などがあげられます。また、手足の冷えや、胃腸不良を訴える人も多いようです。チェック項目(※記事の下部に掲載)の【6】~【10】に当てはまる人は要注意です。

 では、具体的にチェック項目を詳しく見てみましょう。

【1】の「爪が割れやすい」人は、交感神経が高ぶり、血の巡りが悪くなっている可能性があります。

【2】「体がむくみやすい」のは、運動不足で代謝が落ちていることを示唆します。

【3】の「汗をかきにくい」も、代謝が低下し、血行不良になっている証拠。

【4】は、なぜこれが「冬バテ」に関係あるのかと不思議に思うかもしれませんが、血行不良になっていると、末梢神経に影響を及ぼし「耳を折ると痛い」と感じます。皆さんもぜひ試してみてください。

 とはいっても、「冬バテ」を解消するためにはどうしたらいいか。私のオススメの対策は、3つあります。

 1つ目が「体を温める」こと。38~40℃ぐらいのぬるめの風呂に入れば、リラックスする副交感神経が高まります。あまり熱いお湯に入ると逆効果なので気をつけて。

 2つ目は、「室内でゆっくりとした運動」です。ヨガやストレッチ、ラジオ体操などがオススメです。

 最後は、「規則正しいバランスのとれた食事」です。三食きちんと食べることと、「ALA(アラ)」を多く含む食品を摂取することをオススメします。「ALA」とは、体内で作られるアミノ酸の一種で、不足すると疲れがたまり、元気が出なくなります。

「ALA」を多く含む食品は、野菜・果物ではバナナ、ピーマン、ホウレンソウ、トマトなど。肉・魚介ではタコ、イカ、牛ひき肉など。その他、納豆や日本酒、赤ワインなどにも多く含まれています。これらの食品を積極的にとりましょう。

 また、寝る前にリラックスするため、ハーブティーを飲むのも有効です。逆にしてはいけないのが、パソコンやスマートフォンを見ること。睡眠障害の回でも申し上げましたが、寝る前にこれらの電子機器の使用は極力避けるようにしてください。

 最後にもう一つ、「朝、日の光を浴びるようにする」ことも大切です。なぜなら、冬は日照時間が少ないので、夜に眠気を催される「メラトニン」の分泌量が減るからです。「メラトニン」の分泌量が不足すれば、睡眠障害に陥りやすく、自律神経のバランスの崩れにもつながります。ですから、しっかり眠るためにも、朝は日の光をしっかり浴びて、「メラトニン」の分泌量を増やして、質のよい睡眠をとれるよう、心がけてください。

 命が目覚める春を迎えれば、自然と体中にエネルギーが満ち満ちて、心もウキウキするのが人間です。なのに、なぜか心が晴れず体調も悪いという人は、「冬バテ」というものがあることを認識して、しっかりと体のケアをしてください。そして「冬バテ」を克服して、よい春を迎えましょう。

──冬バテチェック項目──

【1】よく爪が割れることがある

【2】体がむくみやすい

【3】運動をしても、汗をかきにくい

【4】耳を指で曲げると痛い

【5】手足が冷える

【6】原因不明の下痢など、胃腸の調子が悪い

【7】筋肉にコリを感じることがある

【8】よく寝たはずなのに、体のだるさや疲労感がなかなかとれない

【9】何となくやる気が出ない。ちょっとしたことですぐイライラする

【10】たびたび頭痛がする

※0~3個は経過観察、4~6個は医師に相談を。7個以上は医師の診察を受けてください

◆監修 森田豊(もりた・ゆたか) 医師・医療ジャーナリスト・医学博士。レギュラー番組「バイキング」(フジテレビ系)など多数。ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の医療監修も務めた。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?