スポーツ

神戸は高齢化の「夏バテ」Jリーグ「4強」が後半戦に向け抱える不安材料

 J1リーグは2週間の中断期間に入った。

 ここまでを振り返ると、上位4チーム(ヴィッセル神戸、横浜F・マリノス、名古屋グランパス、浦和レッズ)の安定した戦いぶりが目立った。連敗は浦和が開幕から2連敗しただけで、ほかの3チームは連敗がない。負け数も首位・神戸は3で他の3チームは4と他チームを圧倒する安定感がある。8月5日に再開するリーグでは、優勝争いはこの4チームが中心になることだろう。

 この4チームの中で選手層が厚いのが横浜FMと浦和。大幅にメンバーが入れ替わらなければ、誰が出てもそんなにチーム力は落ちない。その理由は9月に始まるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うためだろう。

 最近のACLは新型コロナウイルスの影響でグループリーグも決勝トーナメントも短期集中開催で行われたが、今回からは従来のホーム&アウェーに戻る。つまり飛行機の移動や時差もあり、厳しいアウェーの試合が待っていて、ハードスケジュールとの闘いとなる。特に浦和は8月末の予選プレーオフから参加するだけでなく、天皇杯とルヴァンカップも勝ち上がっており、それぞれの大会で勝ち進めばより厳しい日程が待っている。

 横浜FMと浦和の2チームは、過密日程による選手のコンディションやケガのケアをどこまでできるかにかかっている。

 名古屋は首位に立つチャンスもあり、手堅いサッカーで上位に踏みとどまっている。先発メンバーのほとんどがJの中で経験豊富な選手が揃っており、大きく崩れることはない。

 課題はユンカー、マテウス、永井謙佑と揃えた3トップはカウンターにはもってこいの選手だが、先制されて相手が守りを固めたときに、どう崩せるか。もともと守備には定評があるチームだけに、その課題を克服できれば優勝に近づくのだが。

 首位の神戸は、横浜Mに首位を明け渡し、そのままズルズルといくのかと思われたが、ここ2試合の勝負強さは本物。鳥栖戦では逆転勝ち。先日の川崎戦でも0-2から2-2に追いつくなど簡単には負けない。

 特に得点ランキング1位の大迫勇也とアシストランキング1位の武藤嘉紀の2人は、リーグでも最強のコンビといってもいい。そのほかにも山口蛍、酒井高徳など代表や海外の経験者がチームを引っ張っている。ただ、その選手たちも年齢は30歳を超えている。この暑い夏をどう乗り越えるかが、大きなカギを握っているかもしれない。

 首位・神戸から4位の浦和まで勝ち点差は7。どこが抜け出すのか。それとも、どこかが脱落するのか。どういう展開になっても、最後はフロントを含めたチーム力が決め手となるはずだ。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか