芸能

まさにカメレオン俳優!堺雅人はなぜ“真逆なキャラ”を完璧に演じられるのか?

20150408sakai

 4月15日スタートのドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)にて、精神科医の日野倫太役を務める堺雅人。連続ドラマの主役は「リーガルハイ」(フジテレビ系)以降、実に1年4カ月ぶりとなる。

「堺は昨年、ドラマスペシャル2本に出ただけで、映画や舞台にも出演していません。ただ、昨年3月からCMキャラクターを務めているビール系飲料のテレビCMが年中放送されているので、視聴者は堺の不在感を感じていないわけです。このCMではずーっと笑いっぱなしで、リーガルハイから続くコミカルなイメージを維持している状態ですね」(テレビ誌ライター)

 そんな笑いっぱなしの堺が挑むのは、聞き上手が多いと言われる精神科医の役だ。長台詞が印象的だった銀行マンの半沢直樹や、議論好きな弁護士の古美門研介とは“真逆”のキャラであるにもかかわらず、その演技にはまったく違和感を感じない。その理由をドラマ関係者がこう語る。

「大学で演劇に没頭していた堺は、新しい試みには積極的にチャレンジするタイプです。所属していた東京オレンジでは、舞台上の堺が無言のまま1分余りも客席を眺め続けるという芝居もあったとか。自分の役を徹底的に研究するタイプですので、今回のドラマでも精神科医がどんな仕事なのか、完璧に調べあげていることでしょう」

 実は堺はかつて、精神科医が登場する映画に出た経験がある。2011年の映画「ツレがうつになりまして。」ではうつ病を患うサラリーマン役を務め、劇中で担当医から「症状から見て典型的なうつ病ですね」と宣告されるシーンがあったのだ。その4年後に真逆の役をもらうことになったのも、どんな役でも演じられる堺ならではのエピソードだろう。

 一方で堺のファンであれば、かつて映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」にて、大学病院の救急センター部長・速水晃一役を演じていたことを思い出すはずだ。今回の「Dr.倫太郎」も舞台は同じく大学病院。敏腕の精神科医役が、血まみれ将軍こと救急センター部長役に重なって見えたりはしないだろうか。

「堺の凄さは、その時々の役を完璧に作り上げることです。その変わり身は“カメレオン俳優”と言われるほどの見事さ。堺自身、『僕はこういう俳優になりたいから、こういう役はやりたくありません、というのもありません』と語っており、変なこだわりを表に出すことはないのです。だからこそ半沢直樹のすぐあとにリーガルハイに出演しても、違和感がないのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 そんなカメレオン俳優がどんな精神科医で話題をさらってくれるのか、今から堺が口にする決め台詞が楽しみになってきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”