芸能

「相棒」最終回に2年越しの伏線が!?成宮寛貴は以前から復讐に手を染めていた?

20150413aibou

 まさかの大どんでん返しが批判を呼んでいる「相棒Season13」(テレビ朝日)の最終回には、実は2年前から伏線が張られていた!? 成宮寛貴が演じる甲斐享が、実は数々の犯罪に絡む「ダークナイト」だったという設定だが、これは成宮が過去に演じた役に似ているというものだ。

「成宮は2014年に放送されたドラマ『金田一少年の事件簿N(neo)』にて、犯罪プロデューサーの高遠遙一役を演じています。この高遠と今回のダークナイトは、犯行の動機が“復讐”という点で似ているのです」(テレビ誌ライター)

 ここで改めて整理しよう。相棒13に登場する“ダークナイト”が誕生したきっかけは、友人の妹を殺害した通り魔に、その友人に代わって制裁を与えたことだった。自分自身のためではないとはいえ、動機の根底に“復讐”があることは疑いない。

 一方、金田一少年の事件簿に登場する高遠は、“犯罪芸術家”の異名を持ち、数々の劇場型犯罪に手を染めている殺人鬼。その高遠が最初に行った犯罪は、マジシャンだった母親を死に追いやった弟子たちへの復讐だったのである。

「これ以外にも、成宮は2011年に出演したドラマ『最後の晩餐~刑事・遠野一行と七人の容疑者~』で殺された恋人の復讐劇を実行するシェフの役を演じています。それ以前にもドラマ『ブラッディ・マンデイ』でテロリスト役を演じるなど、成宮には殺人者役がよくハマります。これらの演技歴を踏まえると、成宮が相棒season11で杉下右京(水谷豊)のパートナーとして登場した時点で、いずれは復讐や殺人に手を染めるであろうと予想することもできたかもしれません」(テレビ誌ライター)

 そんな予感を持って今回の最終回を観ていた人がいたら、大したドラマ通だと言えそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ