社会

ドクターが教える“早死にする仕事”“長生きする仕事”(3)公務員でもっとも悲惨なのは…

20150423y-2

 さて、では万事真面目にこなしていそうなタイプに思える公務員はどうか。まず消防士警察官は?

「仕事は24時間勤務を3交代制ですが、使命感や達成感があるためポジティブに仕事に頑張れます。基本的に体が資本なので、体の自己管理は徹底しており、体力作りや筋トレもしているので消防士の肥満はいない。警察官にも肥満は少ないので、早死にしない。むしろ仕事の現場が危ないわけです」

 一方、エリート官僚だって楽じゃない。

「官僚社会はコネ、学歴、しがらみがモノを言う、実力が全てではない特殊な世界。理不尽なことがまかり通るためにうつなどで自殺者が多い。そんな中、人を踏み潰していける人間が、国会議員になれるのかも‥‥」

 公務員の中で最も厳しいのが実は教師だという。

「今、いちばんかわいそうなのが教師です。平気で給食費を踏み倒す、子供が朝起きないから代わりに起こせ、などとモンスターペアレントが多くて教頭になったとたんにうつになり、平教師に戻った人もいます。同じ客商売でもラーメン店なら嫌な客に『代金はいらんから出て行け』と追い出すことができますが、生徒や親を追い出すわけにはいかない教師は悲惨です」

 続いて、秋津氏にとって最も身近な医療現場についても語っていただこう。

放射線技師は、昔は患者と一緒の部屋に入ったが、今は隣の部屋にいるのが普通なので問題ありません。むしろ心臓カテーテルの手術をする医師は要注意です。カテーテル手術はレントゲンを当てた画像を見ながら患者の横で手術することになる。もちろん鉛のエプロンなどで防御していますが、毎日手術している医師は被曝量が高くなります。ですから循環器のカテーテル班になると精子が減り、女の子しか生まれなくなると言われています。もちろん、医療業界の都市伝説ではありますが‥‥」

 放射線の見えない恐怖と闘っているのは、空を飛び交う航空業界も同じだ。高度1万メートルの上空では放射線量が激増するのだ。

「乗客として乗る場合は、気にすることはないが、月に20~30回空を飛んでいる航空機乗務員は、積算すると被曝量が高くなります。それだけでガンになったという話は聞かないが、ハイリスクだとは言えます」

 憧れのスッチーも意外に寿命は低滑空!?

 夜勤のイメージが強いだけに常に早死にの職にランキングされる看護師はどうか。

「夜勤がある看護師はきつい仕事だけに早死にだと言われているようですが、実際にはしっかりローテーションが組まれ、週休2日は守られている。極端な話、患者が死にかけていても時間が来れば交代するのが看護師です。逆に『ウイークデー』に休めるからと夜勤ばかりする人もいるくらい」

 この他、夜勤が必須の仕事はどうか?

「労働基準法で守られている範囲での夜勤なら寿命は短くならない。これは警備員も同じです。その点、厳しいのが介護士です。夜中に呼び出されて薬を出すだけで済むならいいが、部屋を汚物で汚されたりすると処理に何時間もかかるだけに、看護師より大変です」

 介護士が新3K職となるようでは日本の未来は暗くなる一方だ。

若手の医者は3日連続夜勤などがあり、疲弊しています。勤務医もモンスター患者はいますし、中には怖くて自分を検査しない人も多い。医者は長生きできませんね」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!