芸能

“オバさん”になっても美しい「森高千里」が起用される理由(1)復活は矢口真里が関係している?

20150521s

 衰えない美貌と美脚、スキャンダルとは無縁の円満私生活──そんな森高千里(46)が売れている。CM3本、レギュラー2本で夫・江口洋介の収入をはるかに超えた。そんな復活劇の背景には実は、あの「矢口真里事件」があった!

「『私がオバさんになっても』と歌っていましたが、全然『オバさん』になっていません。変わらないルックス、声、細い美脚はとても40代とは思えません」

 森高をこう評するのはコラムニストの中森明夫氏だ。現在はCM3本、レギュラー2本を持つ森高だが、「アサヒ スタイルフリー【プリン体ゼロ】」のCMでは往年の名曲「気分爽快」を熱唱。短パン美脚姿を披露している。森高効果をアサヒホールディングスの広報担当者が明かす。

「4月14日に発売されたばかりですが、4月末までで45万ケースを販売しました。好調な出足です」

 同じく4月にはレギュラー司会を務めるフジテレビ「水曜歌謡祭」もスタートしている。

「視聴率に苦しむフジが、社運を賭けて21年ぶりとなる生放送の歌番組を開始しました。森高の司会は社長の肝いり。ギャラは1回で100万円と言われます」(フジ関係者)

 今年は夫の収入も超えると見られる森高だが、リラックスした状態で仕事を楽しんでいるという。

「洋服を買うのが趣味で、ベンツのRV車のゲレンデを自分で運転して渋谷の東急本店などに行くそうです。そうして買ってきた服やアクセサリーを楽屋に持ち込んで、『これ、かわいいでしょ』などとスタイリストとファッション談議に花を咲かせていますね」(番組関係者)

 収録中もカメラに映っていないところで、歌手の歌が流れると一緒に口ずさみリズムをとって体を揺らしている森高。まさに完全復活となったが、そのきっかけは、意外にも13年5月に起こった矢口真里(32)の一件にあった。芸能ジャーナリストが語る。

「実は、矢口真里と森高は同じ事務所。事件以前、矢口は年間2億~3億円を稼ぐ事務所の稼ぎ頭だった。ところが事件で干され、困った事務所幹部が家庭に収まっていた森高に復活してほしいと説得したのです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性