芸能

ジャニーズ新ユニット結成の陰でSexy Zoneファンの悲喜こもごも

20150612sexyzone

 6月6日に発表されたジャニーズJr.メンバーによる期間限定ユニット「Mr.King vs Mr.Prince (ミスターキング vs ミスタープリンス)」。早くもファンの間では「キンプリ」の略称が浸透しはじめているようだ。

「2時間前に(事務所社長の)ジャニー(喜多川)さんが決めた」というユニット名は、キングチームの平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、プリンスチームの岩橋玄樹、神宮寺勇太、岸優太が切磋琢磨しながら成長していくようにと名付けられたという。

 しかし、今回の新ユニット発表で、Sexy Zoneのファンの心境は複雑なようだ。

「Sexy Zone(セクゾ)はもともと佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、マリウス葉、松島聡の5人グループでしたが、松島がジャニーズJr.の松田元太、松倉海斗とともに『Sexy 松(Show)』を、そしてマリウスが同じくJr.の岩橋、神宮寺とともに『Sexy Boys』を結成。これによりセクゾから松島とマリウスが分離し、3グループ体制(Sexyグループ)での活動となったんです。以降、セクゾの新曲は佐藤、中島、菊池の三人組で発売となったことで、『二人を切ったのか!?』と、ちょっとした騒動になりました」(芸能ライター)

 この騒動を受けてか、最近ではまた徐々に5人での活動が増加。ファンも胸をなでおろしていた矢先での今回の発表だったために、セクゾファンは微妙な心境に陥っているという。

「“期間限定”と言いつつも、キンプリで結成された3人組の売り出し方は今後も崩れないというのが強い見方。したがって、今回の発表を機に岩橋と神宮寺がいたSexy Boysは事実上解散、Sexy 松も自然消滅して、セクゾにはマリウスと松島が復帰して元の5人編成に戻る‥‥というのがファンが最も望んでいたカタチだったんです。ところが、セクゾ名義の7月発売の新曲も変わらず3人組で出すことで、一人残されたマリウスが今後どうなるのか、5人編成を期待していたファンはいよいよ諦めムードです」(前出・芸能ライター)

 一方で、セクゾのバックで踊っていた人気のJr.がまとまってキンプリに参加したこともあり、Jr.目当てのファンが減り、「セクゾのコンサートチケットが“本当のセクゾファン”に当たりやすくなった」と喜ぶ声も聞こえている。

「ジュニア戦国時代」と呼ばれている昨今、マリウスと共に活動する新たなジュニアのメンバーが選抜される可能性もあり、今後もSexy Zoneグループの動向からは目が離せなくなりそうだ。

(琴葉)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権