芸能

日テレ・笹崎アナ入社で変わる“社内女子アナ勢力図”

20150625j

 6月3日放送の「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」で地上波デビューを飾った日本テレビの笹崎里菜アナ(23)。笹崎アナといえば、内定を得たあとに、銀座でホステスのバイトをしていた経歴が発覚。内定を取り消されたが、地位確認の提訴・和解を経て今年4月に入社した。そんな過去のゴタゴタを振り払うかのように、同番組ではこう抱負を述べた。

「世間の目に負けず、自分のやりたいことをしっかりと見つめて、芯のある女性になりたいと思います」

 締めの「以上です」を「いぞうです」とかんでしまうハプニングがあったものの、その愛くるしいキャラに、局内でもファンが急増中だという。日テレ関係者が証言する。

「入社前は腫れ物扱いでした。笹崎の入社後は、制作とは無関係の部署でも『銀座に行くか』なんて気軽に話せない空気が漂っていました。ところが、実際に接した局員は全員、そのトリコになっていく。“笹崎信者”は増える一方です」

 現在研修中の笹崎アナは、他の新人アナ2人とともに、さまざまな番組の制作現場に立ち会い、アナウンス技術を学んでいる。

「タカビーな印象を抱いていたが、まったく逆。誰とでも気さくに話す。使いっ走りのようなADにも挨拶するし、何より会話する時の顔の距離が近いんです。先輩の意見はひと言も漏らさず吸収したい、という意気込みを感じますね」(日テレ関係者)

 さらに現場スタッフをメロメロにしているのが、徹底した“低姿勢ぶり”だ。

「たとえコチラが椅子に座っていても、笹崎は立ったまま話を聞く。ググッと前かがみになって、目の位置を下に持ってくるんです。不謹慎ですが、高級ホステスが谷間をチラつかせて『延長しますか?』とおねだりしているようにも見えました」(番組スタッフ)

 過去のバイト経験がうかがえる「ホステス目線」でテレビマンを籠絡しているというのだ。

「水面下では争奪戦が始まっています。プロデューサーがこぞってアナウンス部に企画書を持ち込んで『ぜひ、うちの番組に』と熱烈なオファーを出している」(日テレ関係者)

 そんな笹崎アナが一目置くのが2年先輩の郡司恭子アナ(24)。こっそり参考にしている彼女の処世術とは?

「人当たりのよさでは、日テレでもダントツ。いつもヒップをプリプリさせて有力な年上局員には『ぜひゴルフ行きましょう』とリップサービスも怠らない。ただ、レポートの現場で、他局のディレクターにまで挨拶回りをしていたのは、さすがに失笑を買っていましたが」(番組スタッフ)

 対照的に、日テレ内で日陰に追いやられているのが葉山エレーヌアナ(32)。昨年春に離婚を発表して以降、テレビ出演が激減している。

「パッと見でわかるほど激太りしてしまった。昔はいていたパンツスーツに無理やり下腹部を押し込んでいるせいか、チャックが閉まりきらない状態で局内をウロついていたことも」(日テレ関係者)

 女子アナとは思えない有様にはこんなオチがあった。

「葉山と親しい局員が忠告したところ、恥ずかしさを紛らわすように『何で誰も突っ込んでくれないの?』と憤慨していたそうです」(日テレ関係者)

 チャックを開けて“突っ込み待ち”とは、かける言葉が見つからない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性