芸能

休養明けの武井咲はその低評価を克服できるのか?

20150630takei

 7月9日スタートのテレビ朝日ドラマ「エイジハラスメント」にヒロインの吉井英美里役で主演する武井咲。ドラマの主演は「すべてがFになる」(フジテレビ系)以来、半年ぶりとなる。

 その武井は同世代の剛力彩芽、忽那汐里との3人で「オスカー3人娘」と呼ばれ、事務所が強力にプッシュしていることでも知られる。なかでも武井はエース格として、毎年恒例の晴れ着撮影会ではセンターに陣取るほか、CM出演も多数。米倉涼子や上戸彩に続く、オスカーの看板女優としての活躍を期待されていた。

 だが、剛力がその明るい人柄で、忽那が若手女優随一の演技力で業界内の評価を高めているのとは裏腹に、武井にはあまり芳しい声が聞かれないという。数多くの女優を取材してきた週刊誌編集者は、武井の変遷をこう説明する。

「2010年初頭の武井は、腰も低くて本当に可愛らしかったんです。全日本国民的美少女コンテストでグランプリを逃した話を振ると、明るい笑顔で『グランプリにしてくださいよ~』とハニかんだものです。ところがそれ以降、ドラマ主演が相次ぐようになり、CM出演も急増すると、とたんに事務所の扱いが大物女優化。武井自身も取材の場で疲れた顔を見せるようになり、不機嫌とまでは言えなくても、受け答えが雑になったように感じました」

 2012年以降はドラマの主演と映画出演が相次ぎ、さらには10社以上のCMに登場するなど大活躍だった武井、だが急激に変わった環境とあまりもの忙しさに対処できなかったのか、ドラマの収録現場でもセリフを覚えてこないことが日常化。セリフを覚えるための「武井待ち」を繰り返しては、共演者をイラ立たせていたというのだ。

 これで名演技を見せられればまだいいものの、忽那とは異なり演技に対する評価はほとんど聞かれないのも事実。昨年12月の晴れ着撮影会では「今年は長いセリフが多い役をやらせていただいて、人一倍話して、ちょっと疲れましたね」とコメントしていたが、女優としては「セリフが長いから疲れた」という言葉は禁句のはずだ。

 そんな状況が一変したのは今年に入ってから。この6月までドラマや映画への出演はなく、CM関連の動きもJTBやNECなど4件のみ。休養期間と呼べるほどに露出が減っていたのである。6月6日にはフォトブックが出るなど、明らかに仕事の方向を変えていた半年間だったと言えよう。

 その休養明けとなる今回のドラマ。この収録現場でハツラツとした姿を見せることができれば、10代のころのように「可愛くて元気な武井咲」という評価を取り戻せる可能性も十分にある。このドラマで武井が気にすべきは視聴率ではなく、番組スタッフや共演者からの評価なのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
3
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃