芸能

休養明けの武井咲はその低評価を克服できるのか?

20150630takei

 7月9日スタートのテレビ朝日ドラマ「エイジハラスメント」にヒロインの吉井英美里役で主演する武井咲。ドラマの主演は「すべてがFになる」(フジテレビ系)以来、半年ぶりとなる。

 その武井は同世代の剛力彩芽、忽那汐里との3人で「オスカー3人娘」と呼ばれ、事務所が強力にプッシュしていることでも知られる。なかでも武井はエース格として、毎年恒例の晴れ着撮影会ではセンターに陣取るほか、CM出演も多数。米倉涼子や上戸彩に続く、オスカーの看板女優としての活躍を期待されていた。

 だが、剛力がその明るい人柄で、忽那が若手女優随一の演技力で業界内の評価を高めているのとは裏腹に、武井にはあまり芳しい声が聞かれないという。数多くの女優を取材してきた週刊誌編集者は、武井の変遷をこう説明する。

「2010年初頭の武井は、腰も低くて本当に可愛らしかったんです。全日本国民的美少女コンテストでグランプリを逃した話を振ると、明るい笑顔で『グランプリにしてくださいよ~』とハニかんだものです。ところがそれ以降、ドラマ主演が相次ぐようになり、CM出演も急増すると、とたんに事務所の扱いが大物女優化。武井自身も取材の場で疲れた顔を見せるようになり、不機嫌とまでは言えなくても、受け答えが雑になったように感じました」

 2012年以降はドラマの主演と映画出演が相次ぎ、さらには10社以上のCMに登場するなど大活躍だった武井、だが急激に変わった環境とあまりもの忙しさに対処できなかったのか、ドラマの収録現場でもセリフを覚えてこないことが日常化。セリフを覚えるための「武井待ち」を繰り返しては、共演者をイラ立たせていたというのだ。

 これで名演技を見せられればまだいいものの、忽那とは異なり演技に対する評価はほとんど聞かれないのも事実。昨年12月の晴れ着撮影会では「今年は長いセリフが多い役をやらせていただいて、人一倍話して、ちょっと疲れましたね」とコメントしていたが、女優としては「セリフが長いから疲れた」という言葉は禁句のはずだ。

 そんな状況が一変したのは今年に入ってから。この6月までドラマや映画への出演はなく、CM関連の動きもJTBやNECなど4件のみ。休養期間と呼べるほどに露出が減っていたのである。6月6日にはフォトブックが出るなど、明らかに仕事の方向を変えていた半年間だったと言えよう。

 その休養明けとなる今回のドラマ。この収録現場でハツラツとした姿を見せることができれば、10代のころのように「可愛くて元気な武井咲」という評価を取り戻せる可能性も十分にある。このドラマで武井が気にすべきは視聴率ではなく、番組スタッフや共演者からの評価なのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情