スポーツ

FIFAが性差別!?女子サッカー「美人すぎる」ストライカーが物議

20150702mogan

 カナダで開催中の女子サッカーW杯。日本時間の7月1日に宿敵ドイツを破り決勝進出を決めたアメリカ代表。その中でひと際目立つ美貌で人気のエースストライカー、アレックス・モーガン選手へのFIFAの対応が「性差別だ!」と猛烈な批判にさらされている。

 事の発端は、そのドイツとの準決勝を前にしたFIFAの紹介文。文章ではモーガン選手に言及し、「才能溢れるゴールスコアラーで、そのスタイルは非常に目につきやすく、ふさわしい美貌で、メディアを引きつける」と掲載した。

 これにツイッターユーザーを中心に「選手のルックスに触れるのは性差別だ」と声が上がったのだという。サッカー専門のネットや雑誌などでは「今大会の美女イレブン」などの特集が組まれているが、主催者のFIFAが選手のルックスに言及したことで物議を醸しているようだ。

「明石家さんまさんも大ファンで有名なモーガン選手ですから、FIFAの記者もファンだったのではないでしょうか。しかし、海外ではことあるごとに性差別が取り沙汰されますから、非常にデリケート。日本では“この程度で?”と思うようなことも多いですが、むしろそれが世界基準ですね」(スポーツ紙記者)

 日本に住む外国人の中には、メディアで頻繁に使われる「美しすぎる○○」「イケメン」などの見た目重視の表現の横行についても「性差別では?」との意見を持っている人が多いとか。5年後に五輪を控える日本人は、少し注意したほうがよさそうだ。それにしてもモーガン選手に「美しい」と言えないなんて、男たちは悶々としてしまいそうだけど‥‥。

(村岡タクミ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論