スポーツ

FIFAが性差別!?女子サッカー「美人すぎる」ストライカーが物議

20150702mogan

 カナダで開催中の女子サッカーW杯。日本時間の7月1日に宿敵ドイツを破り決勝進出を決めたアメリカ代表。その中でひと際目立つ美貌で人気のエースストライカー、アレックス・モーガン選手へのFIFAの対応が「性差別だ!」と猛烈な批判にさらされている。

 事の発端は、そのドイツとの準決勝を前にしたFIFAの紹介文。文章ではモーガン選手に言及し、「才能溢れるゴールスコアラーで、そのスタイルは非常に目につきやすく、ふさわしい美貌で、メディアを引きつける」と掲載した。

 これにツイッターユーザーを中心に「選手のルックスに触れるのは性差別だ」と声が上がったのだという。サッカー専門のネットや雑誌などでは「今大会の美女イレブン」などの特集が組まれているが、主催者のFIFAが選手のルックスに言及したことで物議を醸しているようだ。

「明石家さんまさんも大ファンで有名なモーガン選手ですから、FIFAの記者もファンだったのではないでしょうか。しかし、海外ではことあるごとに性差別が取り沙汰されますから、非常にデリケート。日本では“この程度で?”と思うようなことも多いですが、むしろそれが世界基準ですね」(スポーツ紙記者)

 日本に住む外国人の中には、メディアで頻繁に使われる「美しすぎる○○」「イケメン」などの見た目重視の表現の横行についても「性差別では?」との意見を持っている人が多いとか。5年後に五輪を控える日本人は、少し注意したほうがよさそうだ。それにしてもモーガン選手に「美しい」と言えないなんて、男たちは悶々としてしまいそうだけど‥‥。

(村岡タクミ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
落合博満がオレ流評価したWBC佐々木朗希・大谷翔平・ダルビッシュ有と「日本が負ける重大要因」
2
クロちゃん(安田大サーカス)「カメラにフタして初夜を迎えました」
3
太川陽介「バスVS鉄道対決旅」で「老害」扱いされた「聞く耳持たず」暴走大失態
4
史上最強WBC日本代表をイチローが激励に来ないのは「あの絶対NGな因縁」があるから
5
大谷翔平がロッカー写真で見せた「愛用化粧水」の絶大宣伝効果