芸能

蛭子能収 周囲を困惑させる“天然奔放発言”を一挙公開!「お金がかかると目の色が変わる」

20150709f1st

 「無理に他人とつながる必要はない」。そんな蛭子能収(67)の哲学が、多くの共感を呼んだ。今や人間関係に悩む中高年にとって、“憧れの存在”だとか‥‥。でも、近しい人々からは「本当に?」との声が上がっている。実は絆を無視した言動は、周囲をただ茫然とさせるだけなのであった。

 先頃、新著「蛭子能収のゆるゆる人生相談」(光文社刊)が発売された。ところが、サイン会では人生相談そのものを否定。しまいには「こんなこと言ってないよ」と本の内容にケチをつける始末。期待に応えて奔放さを演じたのかと思いきや、担当編集者が困惑しながらこう話すのだ。

「内容は全部、先生の発言ですよ。何度も打ち合わせと取材を重ねて作ったのですから。ただ、完成した本をお持ちしたら『え? 本になるの?』って言われちゃいましたけど‥‥」

 仕事の記憶は欠落するタイプのようで、それゆえ芸能界の恩人のことも忘れてしまう。漫画家からタレントとしてブレイクできたのは、大物芸能人の番組に出演したおかげ。その大物の代表格がビートたけし(68)とタモリ(69)だろう。

 ところが、プロインタビュアーの吉田豪氏はイベントで共演した際に2人のことを蛭子に聞いたが‥‥。

「たけしさんとのエピソードは、あれだけ共演したのに自著に書いていた1点以外は何も思い出せない。タモリさんにいたっては、ディスり始めて、“『ヨルタモリ』はまぁまぁだよね。僕は前番組の『堂本兄弟』が好きだったんだ。あんなすばらしい番組を終わらせてまでやる番組ではないよね”と言いだしちゃったんです」

 恩をアダで返すとは、まさにこのこと。そんなテキトー男にも真剣になる瞬間がある。ギャンブルだ。

 その熱の入れようは、98年に麻雀賭博で逮捕されるほどで、「賭けない麻雀なんてあるのかねぇ」という格言を残している。

「ちなみに蛭子さんは、もう1回逮捕されています。海外ロケで、現地で出た弁当を『もったいないから』と、日本に持ち帰ろうとしました。当然、検疫に引っ掛かり、現地の裁判所に出頭したそうです。国外も含めれば“前科2犯”です」(前出・吉田氏)

 当然、ギャンブルをするからには、一攫千金を夢みる。金がかかると、蛭子は目の色を変えてしまう。

「蛭子さんとは賞金が出るクイズ番組でも共演したことがありますが、ウケを狙ってボケると、『これは真面目にやらないとダメだよぉ! お金が入るんだから!』って。蛭子さんは“芸人殺し”ですよ(笑)」

 こう話すのは、芸人の松村邦洋。蛭子が「芸能界で唯一の友達」と公言する相手だ。ところが、金で友を売ってしまったことも。

「僕のピンクなお店通いが週刊誌に載った時、蛭子さんがそのルポ漫画を書いていたんですよ。『小さい』とか『早い』とか。さすがに『身内に足を引っ張られている感じですよ。何でも仕事引き受けないでくださいよ!』と言ったら、『断らないよぉ! だってギャラくれるんだからさぁ』ですからね(笑)」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
3
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
4
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声
5
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!