スポーツ

スクープ ダルと明日花キララ「温泉密会」愛欲(1)渡米前日も明日花の部屋へ

 ついにメジャーリーガー・ダルビッシュが始動する。日米を股にかけて話題を独占中だが、本誌既報の「女性問題」もにわかに騒がしくなってきた。なんと、ダルと人気AV女優・明日花キララとの関係は想像以上に燃え上がっていたのだ。その全貌をキャッチした。

渡米前日も明日花の部屋へ
 2月10日、テキサス・レンジャーズにポスティング移籍したダルビッシュ有(25)が渡米した。新天地での活躍を誓い、さまざまな思いを抱いて機上の人となったことだろう。
 そんなダルが渡米前日の9日、都内某所にあるマンションの一室を訪れていたのだ。
 その部屋とは、本誌が2月9日号でダルとの親密な関係を他誌に先駆けてスクープした、人気AV女優・明日花キララ(23)の自宅だった。
 明日花といえば、B90・W58・H83でGカップという抜群のプロポーションと淫らな艶技で、「SEXシンボル」の名をほしいままにしている。
 彼女のマンションの近隣住民が当日の様子を語る。
「1台のミニバンがマンション入り口に横付けされたかと思ったら、運転手が降りてきてオートロックのチャイムを鳴らしたんです。部屋の住人が応じて入り口が開くと、すばやく助手席のドアが開いて大柄な男性が一目散にマンションの中へと入っていきました。このマンションには別の有名人も出入りしているのでミーハー心でその人物の顔をチェックしたら、なんとダルじゃないですか。それから1時間ぐらいしてダルは建物から出てきましたよ」
 明日からは米国。渡米前最後の夜に、ダルがほんの少しの時間でも会いたい相手が明日花だったようだ。
 一方、ダルには明日花と並行して、元プロゴルファー・古閑美保(29)との交際もささやかれてきた。
 一説には、古閑がダルを追い、“本命恋人”として渡米するとも言われてきた。
 ところが、事情を知る明日花の知人に接触すると、
「本命は古閑さんじゃありませんよ」
 と断言したうえで、こう続けたのである。
「キララちゃんが古閑さんとの関係をダルさんに聞いてみたそうです。すると『本当に何にもない!』と。彼は他の女性芸能人たちと過去に親密関係だったことはアケスケに話すのに、古閑さんと恋仲かどうかに関してだけは『真剣に否定していた』と言ってました」
 となれば、明日花こそがダルの本命なのだろうか。それがあながち的外れではないほど、ダルは明日花のボディに入れあげているようなのだ。
 本誌既報どおり、2人が知り合ったのは、インターネットを通じて、ツイッター上でダルが明日花に接触したのが始まりだった。
「一昨年の11月ぐらいにキララちゃんはダルさんからツイッターをフォローされていた。ところが本人は気づかず、ファンから指摘されて初めてその事実を知り、お礼の意味でフォローし返した時には、すでに何カ月も経過していたんです」(前出・知人)
 ツイッターではお互いにフォローし合えば、誰にも知られずにメールのやり取りができる。
「ダルさんからはすぐに『会おう』とメールが来たんです。それでも彼女は当初、そのお誘いを断っていた。それでも熱心に誘ってくるものだから、昨年5月頃に初めて会ったんです。ただし相手は超有名人。外で会う時はたいてい、彼の専属運転手や別の野球選手、AV女優なども交え、六本木の高級カラオケ店などで会っていた」(前出・知人)
 ちなみに明日花は、オランダで活躍するプロサッカー選手の安田理大(24)ともツイッターをフォローし合っていたが、ダルから「外せ」と言われたためにフォローを解除したという。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合