スポーツ

スクープ ダルと明日花キララ「温泉密会」愛欲(1)渡米前日も明日花の部屋へ

 ついにメジャーリーガー・ダルビッシュが始動する。日米を股にかけて話題を独占中だが、本誌既報の「女性問題」もにわかに騒がしくなってきた。なんと、ダルと人気AV女優・明日花キララとの関係は想像以上に燃え上がっていたのだ。その全貌をキャッチした。

渡米前日も明日花の部屋へ
 2月10日、テキサス・レンジャーズにポスティング移籍したダルビッシュ有(25)が渡米した。新天地での活躍を誓い、さまざまな思いを抱いて機上の人となったことだろう。
 そんなダルが渡米前日の9日、都内某所にあるマンションの一室を訪れていたのだ。
 その部屋とは、本誌が2月9日号でダルとの親密な関係を他誌に先駆けてスクープした、人気AV女優・明日花キララ(23)の自宅だった。
 明日花といえば、B90・W58・H83でGカップという抜群のプロポーションと淫らな艶技で、「SEXシンボル」の名をほしいままにしている。
 彼女のマンションの近隣住民が当日の様子を語る。
「1台のミニバンがマンション入り口に横付けされたかと思ったら、運転手が降りてきてオートロックのチャイムを鳴らしたんです。部屋の住人が応じて入り口が開くと、すばやく助手席のドアが開いて大柄な男性が一目散にマンションの中へと入っていきました。このマンションには別の有名人も出入りしているのでミーハー心でその人物の顔をチェックしたら、なんとダルじゃないですか。それから1時間ぐらいしてダルは建物から出てきましたよ」
 明日からは米国。渡米前最後の夜に、ダルがほんの少しの時間でも会いたい相手が明日花だったようだ。
 一方、ダルには明日花と並行して、元プロゴルファー・古閑美保(29)との交際もささやかれてきた。
 一説には、古閑がダルを追い、“本命恋人”として渡米するとも言われてきた。
 ところが、事情を知る明日花の知人に接触すると、
「本命は古閑さんじゃありませんよ」
 と断言したうえで、こう続けたのである。
「キララちゃんが古閑さんとの関係をダルさんに聞いてみたそうです。すると『本当に何にもない!』と。彼は他の女性芸能人たちと過去に親密関係だったことはアケスケに話すのに、古閑さんと恋仲かどうかに関してだけは『真剣に否定していた』と言ってました」
 となれば、明日花こそがダルの本命なのだろうか。それがあながち的外れではないほど、ダルは明日花のボディに入れあげているようなのだ。
 本誌既報どおり、2人が知り合ったのは、インターネットを通じて、ツイッター上でダルが明日花に接触したのが始まりだった。
「一昨年の11月ぐらいにキララちゃんはダルさんからツイッターをフォローされていた。ところが本人は気づかず、ファンから指摘されて初めてその事実を知り、お礼の意味でフォローし返した時には、すでに何カ月も経過していたんです」(前出・知人)
 ツイッターではお互いにフォローし合えば、誰にも知られずにメールのやり取りができる。
「ダルさんからはすぐに『会おう』とメールが来たんです。それでも彼女は当初、そのお誘いを断っていた。それでも熱心に誘ってくるものだから、昨年5月頃に初めて会ったんです。ただし相手は超有名人。外で会う時はたいてい、彼の専属運転手や別の野球選手、AV女優なども交え、六本木の高級カラオケ店などで会っていた」(前出・知人)
 ちなみに明日花は、オランダで活躍するプロサッカー選手の安田理大(24)ともツイッターをフォローし合っていたが、ダルから「外せ」と言われたためにフォローを解除したという。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日