芸能

天才テリー伊藤対談「ラフルアー宮澤エマ」DAIGOさんに励まされました!

20150827n

●ゲスト:ラフルアー宮澤エマ(らふるあー・みやざわ・えま) 1988年、東京都生まれ。聖心インターナショナルスクール卒業後、米オクシデンタル大に入学。3年時に英ケンブリッジ大へ留学。2012年に芸能界入り。「ワイドナショー」(フジ系)などの番組でコメンテーターとして活躍する一方、「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」など多くの舞台・ミュージカルにも出演。9月よりスタートする東宝ミュージカル「ラ・マンチャの男」は、大阪・シアターBRAVA!(9/2~9/21)を皮切りに、長野・まつもと市民芸術館(9/26~9/28)、東京・帝国劇場(10/4~10/27)で公演予定。

 かのケンブリッジ大学にも通っていた経歴を持ち、さらに「宮澤喜一元首相の孫」ということで家系もすごい、才媛のハーフ美女・ラフルアー宮澤エマ。その隙のないプロフィールに思わず驚嘆の天才テリーだが、絶妙なトークで彼女に急接近、飾らない素顔をのぞいてみたら!?

テリー プロフィールを見ると、とにかく経歴がすごいね。おじいちゃんが宮澤喜一元首相で、お父さんはアメリカの外交官。高校は聖心のインターナショナルスクールを卒業して、アメリカのオクシデンタル大学に進学。そしてイギリスのケンブリッジ大学にも在学して‥‥って、どんだけお嬢様なんだよ!?

宮澤 いえいえ、全然そんなことないんです(笑)。

テリー そんなことあるだろ!ここまで輝かしい経歴の人が芸能界に入るきっかけって、何だったの?

宮澤 子供の頃から、とにかく歌とお芝居が大好きで、将来はそういう仕事をしたいと思っていました。

テリー とはいっても、業界的には「宮澤喜一のお孫さん」っていうのがいちばんインパクトがあるよね。

宮澤 そうですね。特にデビューしたての頃は、タレントとしてバラエティ番組に出演するとは思っていなかったので、そんなお話をいっぱいいただいた時はビックリしました。

テリー 何か扱いとしては(竹下登元首相のお孫さんの)DAIGOみたいだね。

宮澤 そうなんですよ! それこそ“女版DAIGOさん”みたいな感じで。初めて出たバラエティ番組の「ネプリーグ」(フジテレビ系)でDAIGOさんと同じチームになったんですが、すごく優しい方でした。「一緒に“孫タレ”として頑張っていきましょう」みたいに言ってくださったので、私も何だかよくわからないままに「DAIGOさんについていきます!」みたいな(笑)。

テリー 「宮澤元首相のお孫さんですよね?」なんて、どこ行っても同じことばかり聞かれると、さすがにうんざりするでしょう?

宮澤 いえ、祖父のことを聞かれるのは、全然嫌じゃないんです。ただ、DAIGOさんみたいに「おもしろいおじいちゃんネタ」がなくて(笑)。一生懸命考えるんですけど、何も浮かばないんですよね。

テリー ああ、DAIGOは「おじいちゃんが3%の消費税を導入したから、かなり学校で友達にいじられた」って鉄板ネタがあるからね。

宮澤 そうなんです。で、「どうしよう。これじゃ絶対に芸能界で生き残れない」と思った時に、宮本亜門さんに「ミュージカルのオーディションを受けませんか?」ってお声をかけていただいて。そこから少しずつミュージカルの舞台に立てるようになったんです。

テリー よかったよね。でなきゃ、バラエティで、ずっとおじいちゃんの話ばかりしてなきゃいけなかったかも(笑)。

宮澤 もちろん、バラエティのお仕事は楽しいし、好きなんですけれど、私自身が特別おもしろいキャラでもないので(笑)。クイズ番組にもひととおり呼んでいただいたんですけど、全然できないんですよ。

テリー いや、俺もテレビで偉そうなこと言ってるから、「きっとあいつは頭がいいんだろう」なんてクイズ番組に呼ばれるんだけど、バカだから全然できないんだ(笑)。

宮澤 私も「インテリ芸能人チーム」で呼ばれているのに、大学受験はしてないから漢字は知らないし、(歴史の)年号も覚えてない、みたいな感じで。

テリー でもクイズって、勉強とは違う才能だよね。

宮澤 そうなんですよ。クイズが得意な芸能人の方ってすごくて、尊敬します。

テリー まあ、頭よさそうな人ができないほうが、番組的には盛り上がるんだけどね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」