芸能

「芸能界ピンチヒッター秘話」能年玲奈⇒広瀬すずの交代劇は2度目だった!

20150822pinchhitter

 飛ぶ鳥を落とす勢いで、来年公開の「ちはやふる」でついに映画の初主演を射止めた広瀬すず。競技かるたを題材にした人気コミックの実写版だが、実は最初に声がかかったのは能年玲奈だった。

「能年は事務所からの独立騒動で、とてもじゃないが役を引き受けられる状態じゃなかった。そこで白羽の矢が立ったのが、原作と同じ女子高生の広瀬でした」(映画ライター)

 実は広瀬が初めてドラマのヒロインとなった「学校のカイダン」(日本テレビ系)だが、こちらも当初のオファーは能年だった。これには能年サイドが「女子高生の制服を着る役は卒業させたい」との意向で断ったことで、代役になったという経緯がある。

 事務所とのトラブルはいまだ解決の糸口の見えない能年だが、広瀬にとってはこの状況はおいしいようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”
5
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)