社会

「五輪エンブレム使用中止」で再び問われる“責任の所在”

20150902tokyo

 9月1日、東京オリンピックの大会組織委員会は記者会見を開き、佐野研二郎氏がデザインした2020年東京オリンピック公式エンブレムを使用中止とすることを発表した。

 かねてよりベルギーの劇場のマークと類似していることが問題視されていたが、このデザインの原案が別の展覧会のポスターに酷似しているという、新たな疑惑が浮上したことが決め手となった。

「時間はかかりましたが、正しい判断と言えるでしょう。パクリ疑惑だけでなくデザインそのものの質も疑問視されていましたからね。これだけミソがついたデザインを“公式”で押し通して世界規模のイベントを開催するのは、どう考えても無理があります」(週刊誌記者)

 ネット上では、この決定に賛同する声のほか、佐野氏のデザイナー人生の終焉や、あらためてオリンピックの開催そのものを問う意見が寄せられている。そして、やはり多く言及されているのが「責任の所在」だ。

「疑わしいデザインをした佐野氏。彼を選んだデザイン業界の選考委員。それらを取りまとめる大会組織委員会。今回の失態の責任がどこにあるのか、どういう形で責任を取るのか、まったく話題が出てこないんです。新国立競技場のデザインを白紙に戻した時も、誰も責任を取っていないでしょう。誰も責任を取りたくないから知らぬ存ぜぬでのらりくらり。一事が万事、後手後手に回る原因の1つはそこです」(全国紙記者)

 このままでは“国民不在のオリンピック”になりかねない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
森七菜、髪型イメチェンで「完全に広瀬すず化!」ファンがザワザワ
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?