社会

サンリオまで!五輪エンブレム騒動のとばっちりでゆるキャラが消滅する!?

20150913sano

 東京五輪の公式エンブレム撤回騒動は、他の業界にも影響を及ぼしているようだ。サンリオは9月9日、同社が実施中のキャラクター総選挙において、鳥のキャラクター“ゆトリとさトリ”を撤回すると発表した。

 撤回の原因となったのは、漫画「おひとりさま」の主役である“白都リコ”が、この“ゆトリとさトリ”に似ているとして、同作品の版元である双葉社が指摘したことにある。これを受けてサンリオは、「似ているとの認識はないが、これ以上の論争が起こった場合、キャラクター育成に支障が出る可能性がある」として、撤回に至った。この対応を意外だと語るのは、とある漫画編集者だ。

「サンリオは2010年にオランダ人作家との法廷闘争に挑んでいた過去があります。ハローキティの友達として登場させた“キャシー”が、あの有名な“ミッフィー”に酷似しているとして訴えられ、サンリオも反訴したものです。それが今回はあっさりと自社のキャラを撤回したので驚きましたね」

 このミッフィー対キャシーでは翌年、サンリオがキャシーの生産を中止しつつ、著作権侵害は認めないという玉虫色の決着を見せていた。そのサンリオが今回はあっさりと白旗をあげたのはなぜか。そこに五輪エンブレムの撤回騒動が影響していると読み解くのは、同騒動を取材しているライターだ。

「五輪エンブレムの一件で、世間はデザインの“パクリ”に厳しい目を向けるようになりました。しかもネットには、後からパクったとされるほうをいかに攻撃するかを楽しんでいる層もいるのです。そんな声に対して『この2つは似ていない』と主張しても逆効果なだけ。むしろ潔くキャラを引っこめて問題を鎮静化するほうが賢い対応だと言えるでしょう」

 この意見を受けて、前出の漫画編集者もサンリオの対応に納得を示す。

「五輪エンブレムを巡っては現在、佐野氏が手掛けたあらゆるデザインに疑いの目が向けられていますよね。サンリオでも今回のパクリ疑惑が長期化していたら、他のキャラでもパクリを疑われたかもしれません。だから疑惑のキャラを早々に撤回し、肝心のキャラクター総選挙を守ったんじゃないでしょうか」

 まさに「人の振り見て我が振り直せ」とはこのことではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)