社会

サンリオまで!五輪エンブレム騒動のとばっちりでゆるキャラが消滅する!?

20150913sano

 東京五輪の公式エンブレム撤回騒動は、他の業界にも影響を及ぼしているようだ。サンリオは9月9日、同社が実施中のキャラクター総選挙において、鳥のキャラクター“ゆトリとさトリ”を撤回すると発表した。

 撤回の原因となったのは、漫画「おひとりさま」の主役である“白都リコ”が、この“ゆトリとさトリ”に似ているとして、同作品の版元である双葉社が指摘したことにある。これを受けてサンリオは、「似ているとの認識はないが、これ以上の論争が起こった場合、キャラクター育成に支障が出る可能性がある」として、撤回に至った。この対応を意外だと語るのは、とある漫画編集者だ。

「サンリオは2010年にオランダ人作家との法廷闘争に挑んでいた過去があります。ハローキティの友達として登場させた“キャシー”が、あの有名な“ミッフィー”に酷似しているとして訴えられ、サンリオも反訴したものです。それが今回はあっさりと自社のキャラを撤回したので驚きましたね」

 このミッフィー対キャシーでは翌年、サンリオがキャシーの生産を中止しつつ、著作権侵害は認めないという玉虫色の決着を見せていた。そのサンリオが今回はあっさりと白旗をあげたのはなぜか。そこに五輪エンブレムの撤回騒動が影響していると読み解くのは、同騒動を取材しているライターだ。

「五輪エンブレムの一件で、世間はデザインの“パクリ”に厳しい目を向けるようになりました。しかもネットには、後からパクったとされるほうをいかに攻撃するかを楽しんでいる層もいるのです。そんな声に対して『この2つは似ていない』と主張しても逆効果なだけ。むしろ潔くキャラを引っこめて問題を鎮静化するほうが賢い対応だと言えるでしょう」

 この意見を受けて、前出の漫画編集者もサンリオの対応に納得を示す。

「五輪エンブレムを巡っては現在、佐野氏が手掛けたあらゆるデザインに疑いの目が向けられていますよね。サンリオでも今回のパクリ疑惑が長期化していたら、他のキャラでもパクリを疑われたかもしれません。だから疑惑のキャラを早々に撤回し、肝心のキャラクター総選挙を守ったんじゃないでしょうか」

 まさに「人の振り見て我が振り直せ」とはこのことではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元AKBや紅白出演者も脱ぐ!?今年”マッパになる女性芸能人”にファン歓喜!
2
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
坂上&指原MC番組、赤字店立て直し企画に「店主がかわいそう」の声が続々
5
激震余波で揺れ動く!?森七菜、「移籍騒動」裏側と「隠れ爆裂バスト」真相とは