社会

サンリオまで!五輪エンブレム騒動のとばっちりでゆるキャラが消滅する!?

20150913sano

 東京五輪の公式エンブレム撤回騒動は、他の業界にも影響を及ぼしているようだ。サンリオは9月9日、同社が実施中のキャラクター総選挙において、鳥のキャラクター“ゆトリとさトリ”を撤回すると発表した。

 撤回の原因となったのは、漫画「おひとりさま」の主役である“白都リコ”が、この“ゆトリとさトリ”に似ているとして、同作品の版元である双葉社が指摘したことにある。これを受けてサンリオは、「似ているとの認識はないが、これ以上の論争が起こった場合、キャラクター育成に支障が出る可能性がある」として、撤回に至った。この対応を意外だと語るのは、とある漫画編集者だ。

「サンリオは2010年にオランダ人作家との法廷闘争に挑んでいた過去があります。ハローキティの友達として登場させた“キャシー”が、あの有名な“ミッフィー”に酷似しているとして訴えられ、サンリオも反訴したものです。それが今回はあっさりと自社のキャラを撤回したので驚きましたね」

 このミッフィー対キャシーでは翌年、サンリオがキャシーの生産を中止しつつ、著作権侵害は認めないという玉虫色の決着を見せていた。そのサンリオが今回はあっさりと白旗をあげたのはなぜか。そこに五輪エンブレムの撤回騒動が影響していると読み解くのは、同騒動を取材しているライターだ。

「五輪エンブレムの一件で、世間はデザインの“パクリ”に厳しい目を向けるようになりました。しかもネットには、後からパクったとされるほうをいかに攻撃するかを楽しんでいる層もいるのです。そんな声に対して『この2つは似ていない』と主張しても逆効果なだけ。むしろ潔くキャラを引っこめて問題を鎮静化するほうが賢い対応だと言えるでしょう」

 この意見を受けて、前出の漫画編集者もサンリオの対応に納得を示す。

「五輪エンブレムを巡っては現在、佐野氏が手掛けたあらゆるデザインに疑いの目が向けられていますよね。サンリオでも今回のパクリ疑惑が長期化していたら、他のキャラでもパクリを疑われたかもしれません。だから疑惑のキャラを早々に撤回し、肝心のキャラクター総選挙を守ったんじゃないでしょうか」

 まさに「人の振り見て我が振り直せ」とはこのことではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
3
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
4
小木博明「杏さん耐えて」炎上発言を矢作兼が叱るもさらに燃料投下状態のワケ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃