芸能

あのNHK朝ドラヒロインの“衝撃濡れ場”を一挙公開!「芥川賞受賞作映画化で過激なシーンに挑んだ吉高由里子」

20150924_1001dd

 ハードな濡れ場に挑戦しながらも、「花子とアン」(14年)のヒロイン役をつかんだのが吉高由里子(27)。金原ひとみの芥川賞作品を映画化した「蛇にピアス」(08年)で、これでもかと激しい艶技に挑んでいる。

 吉高は同棲相手(高良健吾)のスプリット・タン(蛇のように舌に二股の切れ目を入れること)に引かれ、自分も同じようにしたいと、彫師のもとを訪れる。その彫師は変態趣味の持ち主で、いつしかアブノーマルな情事の相手を務めることになってしまう。

 一糸まとわぬ姿で後ろ手に縄で縛られるや、台の上で後ろから前から突き抜かれるのだ。そのたびに「ア、アァ‥‥」と声を出しながらこらえる吉高。それは快感に酔いしびれているようでもあり、大きめの乳輪、やや茶色っぽい乳頭もエロさを増長させている。

 吉高は原作を読んで「ぜひとも自分が演じたい」と事務所に嘆願したそうで、「オーディションでは実際に脱いで見せ、『おっぱい小さいけど、いいですか』と言ったとか」(映画ライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
もはや捨て駒状態の「あなたの番です」、次回作は賀来賢人のコメディか!?
2
デキ婚で納得!川栄李奈、「家政夫のミタゾノ」の扱われ方に「変だった」の声
3
真矢ミキ、渦中の千原せいじの話題を吹き飛ばした「胸のナマ渓谷」見せ!
4
元彼の店で…小嶺麗奈、「“睡眠薬と酒でブッ飛ぶ”が薬物の入口」報道の波紋!
5
業界が不快感!川栄李奈、「結婚相手の裏切り二股」報道で問われる男の責任