スポーツ

最古参記者・三宅充×中澤潔が語り尽くす!大相撲“八百長問題・伝説の名勝負”「不自然な相撲は今後もある」

20150924_1001jj

中澤 八百長スキャンダルが発覚した際、理事長に就いた放駒親方は記者会見の冒頭で、「八百長」という言葉を使っていました。ところが協会内部で「我々が『ない』と言っているものを『ある』がごとくに言ってしまったら、これまでのことが洗いざらい出てくる」と批判が出たらしい。そのため、次から放駒理事長は「無気力相撲」という言葉をうことになった。

三宅 でも八百長と無気力相撲は違う。力士も力が出ないことはままある。それは無気力相撲で、八百長はれっきとした工作がある。

中澤 結局、携帯電話などの証拠として残るようなことはしないでしょうが、不自然な相撲というのはこれからもあるでしょうね。

三宅 だから新弟子教育の時にも、八百長は絶対やっちゃいけないんだ、ということを徹底しないといけない。そうでないと、いつかまた復活する。

中澤 大相撲にとって最大の危機だった時代から再度の相撲ブームに牽引したのは、実は日本人ではなく外国人、つまりモンゴル人力士なんですね。日本人は06年初場所以降、優勝していない。外国人を倒して日本人が優勝する、それが日本人の夢なんです。

三宅 相撲というのはハングリースポーツ。優勝できないのは、今の日本人にハングリー精神がなくなってきた証拠です。日本人が優勝という局面はあるだろうが、横綱となると2場所連続優勝しなければならない。

中澤 ただ、体がいいだけでは、稀勢の里のように大関にはなれても横綱にはなれない。彼はね、勝率8割なんです。史上最強の大関なんですけどね。

三宅 昔ね、栃木山という名横綱が「根性さえあれば、新弟子は体が小さいほうがいい」と言っていた。

中澤 稽古で技を磨けば、日馬富士や鶴竜のように、小さくても横綱になれるんですものね。人材発掘のため、協会は新たに「三段目最下位格付け出し」制度を設けることを承認しました。新弟子検査の前日まで25歳未満が対象で、全日本選手権、全日本実業団選手権、国体成年個人の3大会のいずれかで、8強以上の成績を収めた者に資格が与えられるんです。

三宅充:1930年、東京都生まれ。読売「大相撲」編集長を経て、相撲ライターに。戦後大相撲の生き字引的存在。大相撲の著書多数。

中澤潔:1934年、広島県生まれ。報知新聞記者、毎日新聞記者として相撲や水泳などを取材。89年に退社してフリー。著書に「大相撲は死んだ」(宝島社新書)。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田口淳之介・小嶺麗奈を奈落の底に突き落とした業界の“ジャニーズ忖度”
2
選ぶ男を間違えた?川栄李奈、意味深ツイートが危うくさせる女優イメチェン
3
不仲説は違った!?西野七瀬、乃木坂46白石麻衣とのペア写真公開にファン歓喜
4
渡哲也が激怒した石原軍団「解散撤回」までの暗闘(1)異例の取材シャットアウト
5
大股開きで“黒い部分”も披露!岡副麻希が大胆ハッスルを繰り出すワケ