エンタメ

爆笑必至“認知症ドキュメント映画「徘徊 ママリン87歳の夏」”初公開の真意

20151008u

〈家出回数:1388回 徘徊時間:1730時間 徘徊距離:1844km お世話になった交番・警察署:31カ所〉

 認知症を患った87歳の母親と、介護する娘の日常に密着した映画「徘徊 ママリン87歳の夏」(オリオフィルムズ)。この作品の最後に登場するテロップがこれである。

 16年前に夫が他界したあと、奈良で1人暮らしをしていた酒井アサヨさん。8年前に認知症と診断されたあとは、娘の酒井章子さんが週に数度見舞っていたものの症状が進行し、6年前から大阪市で同居生活を始めた。

 章子さんは当初、安全を考え「ママリン」を外に出さないようにしていたが、玄関のドアを叩き「外に出たい」とわめき続けるため「認知症を悪化させないためには、家に無理やり閉じ込めておかず、ありのままに、自由にさせておく形もあるのではないか」と考え、玄関のドアを開放したという。

 そしてママリンの徘徊生活がスタートする。本作は、その徘徊の様子を淡々と記録したもので、

「恐らく『徘徊ドキュメンタリー』の形をとった映画は日本初ではないかと思います。このおばあちゃんは芝居をしているのではないか、と思う人もいるでしょうが、まったく芝居ではありません。とにかく笑える内容で、『吉本の漫才よりオモロイ』が売りですね。といっても認知症の老人をただおもしろおかしく撮っているわけではなく、あえて人に見せる『お披露目型介護』もいいのではないか、と考えたもの。徘徊というとどうしても暗いイメージが付きまといますが、そうではないケースもあるということを知ってもらいたいのです」(この映画の関係者)

 ママリンと章子さんによる「とにかくオモロイ掛け合い」は序盤から炸裂。自宅でくつろいでいると、

「ここ誰の家? 刑務所?」

「ちゃうちゃうちゃう。ここはアッコちゃんのおうちや。刑務所ちゃうよ」

「ホント~!?」

「刑務所はこんなユルユルな状況ちゃうよ」

 食事をする場面では、そうめんのつゆを飲もうとして制止されたかと思えば、

「あんた誰?」

「アッコちゃんや」

「アッコ?」

 ママリンは首をひねり、不思議そうな顔だ。

「おかしいな~。なんや大きなりすぎたような」

「そらそうや。オバハンになってんもん」

「ホンマ?」

「自分が87歳やろ」

「ええ!? ホンマ~!?」

 飼っている猫がすぐ目の前にいるのに、猫のぬいぐるみをなでて話しかける。

「アッコねえちゃんに大事にしてもらってるんだね。よかったねー」

 この行動を章子さんは「生きてるか生きてないかわかってない」と分析する。

 ママリンが外を徘徊する際、章子さんはママリンの姿を監視しながら尾行し、時々「バッタリ出会った」状態を装って声をかける。

「あれ? ママリン、何してんの?」

「お金盗られたからね、お巡りさんに言おうと思ってた」

「ナンボ盗られたの?」

「6000円」

「オモロイ金額やね」

 もちろん、マリリンはお金など持って出ていない。

 うっかり遠くまで徘徊し、帰る道がわからなくなって座り込むシーンでは、

「今日、どこへ泊まんの? あんたどこか知ったとこあった? あ、公園があったな。そこ行こうか。ん? アッコ姉ちゃん、返事しいや。ボーッと立っとかんと」

 とそばの電柱に話しかけ、ピタピタと手で叩く。

 また、ある日はレストランでおしぼりにかぶりついたりも──。

 前出・映画関係者は言う。

「おもしろいのは、章子さんが『ママリンが遠くに行くと、(連れて帰る際の)タクシー代が大変だから、近くを回りましょう』と言うと、ちゃんと近くを徘徊するようになったこと」

 徘徊の概念を覆すこの作品に、理想の介護とは何かを考えさせられる教訓が含まれている。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱