芸能

さんま、ヒロミ、徳光…引退から4年でも番組で島田紳助が語られるワケとは?

20151016shimada

 かつて芸能界一の人気司会者と呼ばれた島田紳助。衝撃的な引退会見から4年が経つ今でも、業界内には紳助を支持する声が根強く残っている。10月10日放送の「ジョブチューン」(TBS系)では、実力派司会者たちが紳助の往年の腕前を語るひと幕があった。

「『尊敬する司会者は誰ですか?』という質問に対し、ヒロミが『紳助さん』と答えてトーク力をベタ褒め。同じく出演していた徳光和夫も紳助さんを『天才』と評すなど、終始絶賛の嵐でした」(キー局関係者)

 一方、かつての盟友である明石家さんまは、自身の関西ローカル番組「痛快! 明石家電視台」で紳助をバッサリ斬り捨てた。

「10月10日放送の特別編は、ロケ地にちなんで京都のエピソードトークとなりました。そこで、さんまさんが京都出身の芸人の話題を口にし始め、初めは今いくよ・くるよさんやチュートリアルを挙げましたが、最後に突然『あと紳助か』と名前を出したんです。さらに紳助さんに対して『芸人として歪んでる』と一刀両断。名前が名前だけに、周囲の雨上がり決死隊も中川家もツッコミは入れられない様子でした」(お笑いライター)

 過去には週刊誌に紳助の待望論ついて尋ねられ、「復帰してほしくないわ!」と答えたこともあるさんま。一方で時折、番組内で紳助の名前を挙げることもあり、視聴者にその存在を忘れさせない配慮をしているとも見受けられる。その本心はいかに!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声