芸能

さんま、ヒロミ、徳光…引退から4年でも番組で島田紳助が語られるワケとは?

20151016shimada

 かつて芸能界一の人気司会者と呼ばれた島田紳助。衝撃的な引退会見から4年が経つ今でも、業界内には紳助を支持する声が根強く残っている。10月10日放送の「ジョブチューン」(TBS系)では、実力派司会者たちが紳助の往年の腕前を語るひと幕があった。

「『尊敬する司会者は誰ですか?』という質問に対し、ヒロミが『紳助さん』と答えてトーク力をベタ褒め。同じく出演していた徳光和夫も紳助さんを『天才』と評すなど、終始絶賛の嵐でした」(キー局関係者)

 一方、かつての盟友である明石家さんまは、自身の関西ローカル番組「痛快! 明石家電視台」で紳助をバッサリ斬り捨てた。

「10月10日放送の特別編は、ロケ地にちなんで京都のエピソードトークとなりました。そこで、さんまさんが京都出身の芸人の話題を口にし始め、初めは今いくよ・くるよさんやチュートリアルを挙げましたが、最後に突然『あと紳助か』と名前を出したんです。さらに紳助さんに対して『芸人として歪んでる』と一刀両断。名前が名前だけに、周囲の雨上がり決死隊も中川家もツッコミは入れられない様子でした」(お笑いライター)

 過去には週刊誌に紳助の待望論ついて尋ねられ、「復帰してほしくないわ!」と答えたこともあるさんま。一方で時折、番組内で紳助の名前を挙げることもあり、視聴者にその存在を忘れさせない配慮をしているとも見受けられる。その本心はいかに!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク