スポーツ

巨人・原監督辞任から高橋由伸監督誕生までの”タブー暗闘”「原監督がユニフォームを脱ぐまでの経緯」

20151105b

 巨人に高橋由伸新監督が誕生した。3連覇の勢いがとぎれたチームに、フレッシュな風を吹き込んでくれることだろう。一方、電撃的な監督交代劇を演出したのは原監督の辞任だった。監督通算12年で7度のリーグ優勝を成し遂げた名将が、みずから球団を去った背景──。知られざる暗闘を全て書く!

 そこに「主」は不在だった。10月22日、2015年のドラフト会議が行われ、セ・パ12球団の関係者が一堂に集結。しかし唯一、巨人のテーブルだけ監督の姿がなかった。3日前の19日、原辰徳監督(57)が今シーズン限りで通算12年間にわたる指揮官としての経歴にピリオドを打ったばかりだったからである。

 その19日当日、退任会見に現れた原監督は、爽やかな表情を浮かべながら次のように語っていた。

「ここ3年ほどチーム力が低下し、成績も落ちてきた。何とかしようという気持ちがあったが、チームに新陳代謝が必要と感じた。新しいリーダーにチームを託すことのほうが正しい選択だと判断した」

 今季はリーグ2位に終わって4連覇を逃すと、17日のCSファイナルステージ第4戦でヤクルトに敗れ、逆転日本一の夢も潰えた。

「そろそろ、この辺が潮時かなと」

 ユニホームを脱ぐ決意が固まった時の心境を話す際、うっすら目には光るものがあったが、笑みは絶やさなかった。

 ただし、会見は和やかなムードで進行していたが、途中でやや微妙な空気が流れるシーンもあった。それは原監督が今後について問われ、こう述べた時だった。

「あまりにも背負っていたものが大きい。まずはゆっくり寝て、起きて‥‥。そういうことですかねえ。何かムクムクというものがあれば考えればいいが、今のところ何も考えていない。何かやるにしてもボランティア活動的なことをやろうかなと。来年1年間はフラットな形で色づくことなくいたい」

 通算12年間で7度のリーグ優勝と3度の日本一。長嶋(15年)、川上(14年)に次ぐ、球団歴代3位の在任期間で「Gの名将」と呼ばれるにふさわしい成績を収めたにもかかわらず、原監督は会見でみずから、一度ジャイアンツと離別することを明言したのである。

 前回の第一次政権で辞任した際には「特別顧問」のポストが用意され、当時の渡辺恒雄オーナー(89)=現球団会長=いわく「人事異動」という形で就任したものの、不思議なことに今回はそれが一切何もなかった。

 会見に同席した白石興二郎オーナー(69)は、

「しばらくフラットな状態で縛られずに自分の生き方や、やりたいことを見つけたいという原監督の考えを尊重しようと思う。彼は誰が考えても巨人軍の宝であり、ONに次ぐ至宝。ただ野に置くというようなことは考えない。しかるべき時にいずれは助言、指導してもらう形にしたい」

 と話したが、どうにもすっきりしなかった。本当に「至宝」であるならば、監督退任後も敬意を表して何らかのポストを与え、関係性を保つことが重要なはずである。ところが原監督は離別の道を選択し、球団側も無理に引き止めようとせず本人の意思をアッサリと尊重した。いったい、これは何を意味するのか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”