芸能

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「寺内貫太郎一家・小林亜星」

20151105n

 ホームドラマがテレビの王様だった70年代。その牙城に、圧倒的な個性で切り込んだのが「寺内貫太郎一家」(74年、TBS系)だ。巨漢の主人公を演じた小林亜星(83)が“嵐の季節”を回想する。

 名脚本家の向田邦子さんは、貫太郎に自分の父親を重ね合わせていたんです。だから主役の条件はただ一つ「太っていること」でした。

 最初に白羽の矢が立ったのはフランキー堺さんで、次はドリフターズの高木ブーさん。ところが、どっちも忙しくてオファーを断ったんですよ。

 困った久世光彦プロデューサーがいろんな人に声をかけて、最後に候補になったのが僕。あの頃、110キロはあったから体形は問題ない。ただ、当時は長髪にパンタロンのナンパな姿をしていた。

「スケベそうでイヤ!」

 向田さんはそう言って拒否したけど、他に候補もいない。久世さんにTBS内の理髪店へ引っ張られて、そこで坊主頭ですよ。ようやく向田さんも納得してくれました。

 芝居経験もなかったし、断髪式までさせられたけど、作曲家としてTBSは大のお得意さん。断るわけにはいかなかった(笑)。

──

 頑固で短気な石材店の主人に亜星が扮し、老女のきん役を悠木千帆(現在の樹木希林)、貫太郎の息子・周平に西城秀樹、お手伝いに浅田美代子など豪華キャストがそろい、平均視聴率31.3%を獲得した。

──

 名セリフ? そりゃあ、やっぱり、きんさんが身をよじらせての「ジュリ~~~!」かな(笑)。貫太郎は口数が少ない役どころだったから、自分で記憶するセリフはないんですよ。

 あ、でも名セリフではないけど、久世さんはドラマなのに生放送をやったんです。そこで僕が奥さん役の加藤治子さんを突き飛ばして、本来は役名の「里子」と呼ばなきゃいけないのに、その日だけ「治子さん」と呼んじゃった。まあ、生放送ゆえのいたずら心もあったのかな。

 貫太郎といえば、ちゃぶ台を引っくり返すし、息子役の秀樹とは取っ組み合いの大ゲンカばかり。ドラマのこととはいえ、お互い、当たりが強かったりすると「この野郎!」と本気になることはあるんですよ。

 それもあって秀樹を庭まで突き飛ばして、ギプス姿になるほどの骨折をさせてしまった。そしたら女子高生から脅しの手紙が舞い込む。

「お前のチ○コ引っこ抜いてやる!」

 ファンというのは怖いなと思いましたよ。それにしても当時はちゃぶ台からすぐ立ち上がれたけど、今の体力ならよつんばいにならないと無理だな(笑)。

 あのドラマはただのホームドラマではなく、娘(梶芽衣子)に墓石を倒して後遺症を残したとか、続編では長男(谷隼人)がレイプ事件の加害者であるとか、影の部分も描いていた。それが名作と呼ばれた一因でしょうね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
4
観月ありさが船越英一郎を“公開処刑”!顔の大きさがこんなに違うなんて…
5
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?