芸能

綾野剛、「コウノドリ」が高評価でも危惧される「向井理の二の舞い」

20151030ayano

 漫画原作のドラマ化が不評の昨今、TBS系ドラマ「コウノドリ」は原作を忠実に再現しながらも、かつリアルな演出にこだわりを見せたことから、「毎回号泣する!」という好意的な声がネット上に多く書き込まれている。

 たとえば赤ちゃん役に産まれてすぐの新生児を使ったり、チーム医療の繋がりを丁寧に書いた脚本など、その細部には視聴者も気づかないような“リアル”が数多く積み重ねられているそうだ。

 また、それぞれのキャラクターを忠実に演じる配役の妙も特筆に値する。一辺倒な物言いや、毎回似たような役柄しか出来ない俳優が多いと言われる昨今のドラマ界で、どんな役でもこなしてしまう器用な役者がそろっているのは期待できる。

「特に注目は、一年前からこのドラマへのオファーがあったという綾野剛。彼はこれまで悪役や尖った感のある役が多かったものの、愛情あふれる産婦人科医のような役柄は今回が初めて。しかし、今作ではそんな新たな役柄も見事に演じ切っており、いわゆる“イケメン俳優”から“役者”への脱皮を試みる様子が見て取れます」(テレビ誌記者)

 だが、ここで重なってしまうのが「イケメン俳優からの脱皮」を図りファンを逃しまった向井理だ。その転機は2012年の「サマーレスキュー~天空の診療所~」。このドラマで初の医師役を演じ、ヒューマンドラマに挑んだ向井は、初回視聴率14.7%を記録したものの第4話で6.8%に下落し、その後は1ケタ台を連発してしまった。

「その後、向井は国仲涼子との結婚を機にさらに人気が急落。頼みの女性ファンを完全に逃してしまいました。今期ドラマ『遺産争族』(テレビ朝日系)の初回視聴率は14.2%と好発進でしたが、この数字は脇を固めるベテラン陣のおかげ、という声も聞こえています」(芸能ライター)

 前述したとおり、「コウノドリ」では大森南朋や吉田羊、また、アーティストでクモ膜下出血という大病を患ったことで知られる星野源といった個性派陣が脇を固めていることから、ドラマとしての仕上がりは高評価だ。しかし、「綾野剛そのものは数字をまだまだ持っていない」と、今後を危惧するテレビ関係者も多い。

 はたして綾野のヒューマンドラマが吉と出るかは、もうしばらくドラマの進展を見守る必要がありそうだ。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
3
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
4
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス