芸能

綾野剛、「コウノドリ」が高評価でも危惧される「向井理の二の舞い」

20151030ayano

 漫画原作のドラマ化が不評の昨今、TBS系ドラマ「コウノドリ」は原作を忠実に再現しながらも、かつリアルな演出にこだわりを見せたことから、「毎回号泣する!」という好意的な声がネット上に多く書き込まれている。

 たとえば赤ちゃん役に産まれてすぐの新生児を使ったり、チーム医療の繋がりを丁寧に書いた脚本など、その細部には視聴者も気づかないような“リアル”が数多く積み重ねられているそうだ。

 また、それぞれのキャラクターを忠実に演じる配役の妙も特筆に値する。一辺倒な物言いや、毎回似たような役柄しか出来ない俳優が多いと言われる昨今のドラマ界で、どんな役でもこなしてしまう器用な役者がそろっているのは期待できる。

「特に注目は、一年前からこのドラマへのオファーがあったという綾野剛。彼はこれまで悪役や尖った感のある役が多かったものの、愛情あふれる産婦人科医のような役柄は今回が初めて。しかし、今作ではそんな新たな役柄も見事に演じ切っており、いわゆる“イケメン俳優”から“役者”への脱皮を試みる様子が見て取れます」(テレビ誌記者)

 だが、ここで重なってしまうのが「イケメン俳優からの脱皮」を図りファンを逃しまった向井理だ。その転機は2012年の「サマーレスキュー~天空の診療所~」。このドラマで初の医師役を演じ、ヒューマンドラマに挑んだ向井は、初回視聴率14.7%を記録したものの第4話で6.8%に下落し、その後は1ケタ台を連発してしまった。

「その後、向井は国仲涼子との結婚を機にさらに人気が急落。頼みの女性ファンを完全に逃してしまいました。今期ドラマ『遺産争族』(テレビ朝日系)の初回視聴率は14.2%と好発進でしたが、この数字は脇を固めるベテラン陣のおかげ、という声も聞こえています」(芸能ライター)

 前述したとおり、「コウノドリ」では大森南朋や吉田羊、また、アーティストでクモ膜下出血という大病を患ったことで知られる星野源といった個性派陣が脇を固めていることから、ドラマとしての仕上がりは高評価だ。しかし、「綾野剛そのものは数字をまだまだ持っていない」と、今後を危惧するテレビ関係者も多い。

 はたして綾野のヒューマンドラマが吉と出るかは、もうしばらくドラマの進展を見守る必要がありそうだ。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚