芸能

天才テリー伊藤対談「蛭子能収」健さんの後を継ぐのは蛭子さんだな

20151029y

テリー 話は変わりますけど、来年、なんと蛭子さんの主演映画が公開予定なんですって?

蛭子 はい、そうなんですよ。

テリー ビックリしましたよ。タイトルは?

蛭子 「任侠野郎」。

テリー ということは、ヤクザもの?

蛭子 そうですね。俺の役は、クレープ屋さんをやってる元ヤクザという設定なんですけど。

テリー もうその段階でおもしろそうじゃないですか!

蛭子 で、やめたあともつきあいのある組があるんですが、悪いヤクザと一緒に商売をしたために、仲間のヤクザが割を食う状況になってしまったので、そいつらを俺が懲らしめに行くっていう。

テリー それはいいね。

蛭子 まあ、言うと何ですけど、昔ながらのヤクザ映画のストーリーですね。

テリー 何がいいって、蛭子さんをヤクザ役に抜擢するところにセンスを感じますよ。

蛭子 え、そうですか?

テリー なぜかというと、俺、昔から蛭子さんは「ポスト高倉健」になれる男だと思ってたんですよ。

蛭子 アハハハハ。いやいやいや、俺なんかフニャフニャしすぎてますよ。

テリー まぁ、聞いてくださいよ。俺、前に阿部寛さん主演版の「幸福の黄色いハンカチ」を観たんですけどね。

蛭子 ああ、はい、ありますね。

テリー 阿部さんには悪いけれども「高倉健にかなうわけないじゃん」と思いながら最後まで観ました。でも、これは別に阿部さんが悪いわけじゃなくて、この作品は誰の主演でリメイクしても、結局は高倉健版と比べられるんですよ。

蛭子 それはそうでしょうねぇ。

テリー ところが、蛭子さんは高倉健から最も遠いところにいるんですよ。だから、まず比較されようがないわけです。

蛭子 ああ、それは‥‥ホメられてるのかな(笑)

テリー ホメてますよ。だから高倉健作品のリメイクは、蛭子さんなら成立するというのが俺の考えですよ。それ以外は、例えば木村拓哉や妻夫木聡、福山雅治がやろうがダメなんですよ。「黄色いハンカチ」、蛭子さんでやってほしいな。

蛭子 それはちょっと荷が重いですよ。

テリー だから、俺は蛭子さん主演のヤクザ映画は大正解だと思いますけどね。

蛭子 でも、ヒットするかどうかは俺にはわからないんですけどね(笑)。

テリー いやいや、おもしろくなりますよ。他に今後の予定はあるんですか?

蛭子 これも来年なんですけど、1月1日から渋谷パルコで自分の作品の展覧会を開催することになったんですよ。

テリー へえ、すごいじゃないですか! 本業のほうもスポットライトが当たることになるんですね。

蛭子 ええ、ですからこれにちょっと力を入れようかと思ってます。

テリー それは長編マンガを描き下ろすみたいな?

蛭子 マンガというより、イラストをたくさん描いて展示することになると思いますね。

テリー じゃあ、これからますます忙しくなるじゃないですか。ほら、俺が言ったとおり、蛭子さんの時代が来てるじゃない。

蛭子 エヘヘ。まあ、頑張ります。

テリー だけど、奥さんもキチンと抱いてあげてくださいよ!

蛭子 もう「平成の絶倫王」の名は重いですよ‥‥(苦笑)。

◆テリーからひと言

 しかし、ここまで自然体でいられる蛭子さんは、本当にすごいね。「平成の絶倫王」の看板はまだまだ下ろさせませんから。クスリ、待っててくださいね!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日